「しぶんぎ座流星群」が1月4日に見れるみたい!方角と詳細

スポンサーリンク

「しぶんぎ座流星群」が、今年2018年1月4日に見えるかも知れないみたいですね。

つい先日、「スーパームーン」も見えましたし、1月31日頃には、皆既月食も見れるみたいですので、普段、興味が無い人も見ておいて損は無いと思いますよ〜インスタやツイッターも凄い事になりそうですな♪

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

「ペルセウス座流星群」と「双子座流星群」で、「三大流星群」と呼ばれています。

 

今年は、8月13日頃を予定している「ペルセウス座流星群」、12月13日頃を予定している「双子座流星群」も制覇して、「三大流星群」を堪能したい所ですね。

子供の頃は、あんなにも夢中になって、教科書等を片手にずっと星を見ていた頃も有りましたが、不思議な物で大人になると、色々な知識や忙しさもあって、あの頃のように純粋な気持ちで星も見れなくなってしまった自分が少し悲しい気もします(笑)

 

今日は、「しぶんぎ座流星群」に関してと方角について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

「しぶんぎ座流星群」って?見れる方角に関しても

「しぶんぎ」は漢字で書くと「四分儀」と書きますが、過去に「壁面四分儀座」と言う星座が存在していた事が由来で、「しぶんぎ座」と言う星座は存在していません。

マンガや映画、商品や音楽等、「星座」が出て来る場合が有ると思いますが、「しぶんぎ座」が出て来る頻度が低い事は、この事が関係していると思います。

 

星が好きな人は、「りゅう座流星群」と呼ぶ事も有ると言われていますが、「四分儀座流星群」が正式名称だと言われています。

「しぶんぎ座流星群」は、毎年、深夜3時半頃に数時間だけしか見る事は出来ないと言われていますので、正月休み中の方も多く、他の流星群よりも見やすいので嬉しいですね。

 

もちろん、3日の27時半の事を意味していますので、4日が過ぎてからでは有りません。

1月3日が終わってから4日が始まって3時間半後(余裕を持って0時から5時が確実)に「しぶんぎ座流星群」が見れる予定です。

 

前後する可能性も有りますので、ツイッターとかを片手に「流星群待ち」をするのが1番確実かも知れませんね。

余裕を持って、深夜0時〜夜明け位に待機しておくと高確率で見る事が出来ると思います。

 

ちゅるりんの周囲にも居ましたので、補足程度に説明しました。

方角に関しては、「流星群」ですので、「無い」と言うのが一般的ですが、月明かりの影響が少ない方角の方が見やすいと言われています。

 

ただ、かなり寒いと思いますので、無計画に夜空を眺めるのは体調面で危険だと思いますので、ヤフーのリアルタイムやツイッター、インスタグラム、フェイスブック等を上手く活用すると良いと思いますよ。

新年早々に風邪を引くのは勿体無いので、暖かくして「しぶんぎ座流星群」を楽しんで下さいな♪

 

ちゅるりんは、必殺のヒートテック重ね着で挑もうと思います〜

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ