「すしざんまい」木村清社長が、海賊壊滅作戦を実行?身長は何センチ

スポンサーリンク

「すしざんまい」の木村清社長によるマグロの初競りが毎年話題になり、「今年最後」と言いつつ3年目、2012年から話題になり始め、今年で通算6年目になります。

毎年開催されていた築地市場は、豊洲へと移転になりますので、築地市場関係者の方の中には、今年2018年を何とかして乗り越えたい!と決意する人も多いと思います。

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

ちゅるりんがお世話になっている会社も買収されて合併しましたが、あの何とも言えない不安感や職場の空気感等は、忘れらないと思いますが、築地市場の方は、比べ物にならない位大変なんだろうなって思います。

 

そんな、不安を吹き飛ばしてくれるような「すしざんまい」木村清社長の笑顔は凄く素敵ですし、やっぱり、景気の良い話や武勇伝等は、聞いたり見たりしただけでも元気になりますね♪

今日は、「すしざんまい」木村清社長の海賊壊滅の内容と身長について気になって眠れそうにありません!

 

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

「すしざんまい」木村清社長の海賊壊滅の内容と身長

「えっ?海賊って本当に存在するの?」と思う人も多いと思いますが、「すしざんまい」木村清社長が壊滅させたのは、「ソマリア海賊」だと言われています。

そう言えば、俳優の北村一輝さんは、昔、「海の征服者」を観て海賊に憧れ、海賊になる為に商船高専に進学され、海賊になれないと言う理由で中退し、俳優を目指されたエピソードを思い出してしまいました。

 

北村一輝さん、ちゅるりんはかなり好きなのですが、皆さんはどうでしょうか?濃い?

話は戻り、「ソマリア海賊」は、銃やロケットランチャー等で武装し、高速小型ボートで、様々な船や船を襲撃していた「海の厄介者」と言った感じで、ルフィ海賊団とは真逆、正真正銘の「海賊」でした。

 

ソマリア海賊の活動範囲内には、中東の石油輸送ルートも含まれていますので、世界経済に迄悪影響を及ぼす状態でした。

2008年頃から爆発的に「ソマリア海賊」の勢力は拡大し、猛威を奮ったのは、2010年でしたが、2011年になると、嘘のように海賊がゼロになったと言われています。

 

これは、「すしざんまい」木村清社長が「ソマリア海賊」を「漁民」に「公正」されたからです。

「ソマリア海賊」は、目立ちたかったからとか人に迷惑をする為に「海賊」になったのでは無く、その人達には、「海賊として生きる事」しか生きる道は無かったと言われています。

 

それを知った「すしざんまい」木村清社長は、「ソマリア海賊」に漁に必要な船を用意し、設備投資も行い、漁業に関連する団体にも加入出来るように交渉されたと聞きます。

当然、日本のように義務教育等が整っている国では有りませんので、想像を絶する苦労の連続だったと思いますし、今でも赤字状態が続いていると言われていますが、「絶対に軌道に乗せる」と言うニュアンスの決意も表明されていますので、必ず実践されると思います。

 

ちゅるりんのように、直属の部下やインターン生に伝えるだけで寝込みそうな人間からすれば、「すしざんまい」木村清社長のモチベーションやバイタリティーは、別次元の話のようです。

しかも、「すしざんまい」木村清社長は、「ソマリア海賊」の一件だけでは無く、現在でも様々な国、国際機関等に対して援助されていると言われていますので、どうでも良い、芸能人のゴシップなんか止めて、もっと、もっと、取り上げても良いと思います。

 

マンガや芸能人の武勇伝のように脚色された物では無く、本当の「英雄」ですからね。

ちなみに、「すしざんまい」木村清社長は寿司職人では有りませんので、寿司は握れないと言われています。

 

身長は、155センチ位だと言われていますが、威圧感からなのか、もっと高く感じますね。

幼少期から頭脳明晰で知られ、「すしざんまい」は屋号、実際は、喜代村社長・木村清さんみたいです。

 

今年で65歳と言われていますが、これからも、沢山の偉業を残しそうですね♪

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ