さんタクのさんまの車「エルカミーノ」に関して|売り切れ必死

スポンサーリンク

「さんタク」でさんまさんの愛車シボレー「エルカミーノ」が登場しますね。

木村拓哉さんは、少しマニアックな車が好きな事で有名で、同じタイプの車の情報が出ると、スグに売り切れになるみたいです。

 

SMAP解散関連のニュースでは、何となく木村拓哉さんやジャニーズが悪いみたいな雰囲気になっちゃって嫌な感じでしたし、解散したい人に対して引き止めておくのも、本当のファンならどうなの?って思いました。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

ちゅるりんは、SMAPの誰が好きと言う訳では有りませんが、今は皆、「肩の荷」がおりたみたいで、前よりも生き生きとしている感じがして好きです。

あと、シボレーと言えば、コルベットスティングレーが凄くカッコ良いですよね!

 

さんまさんの「エルカミーノ」も、乗る人を選びそうな感じもしますが、雰囲気が素敵ですね。

アメカジ系のスタイルで、海沿いを走ったら気持ち良さそうな感じです。

 

今日は、「さんタク」で出て来たさんまさんの愛車シボレー「エルカミーノ」について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

「さんタク」のさんまさんの愛車シボレー「エルカミーノ」に関して

1959年から1987年位迄製造されていた車で、5代目で幕を閉じました。

最近、トヨタから、「ハイラックス」と言うピックアップカーが再販され、トヨタも予想していなかった位に売れていますが、シボレー「エルカミーノ」も同じピックアップタイプで、後ろ部分に屋根等が無いまま荷台になっているのが特徴です。

 

当然、2名席しか無く、日本市場を支えている「軽自動車」「ミニバン」等のファミリーカーとは真逆の方向性ですね。

ちゅるりんは、シボレー・カマロのような3代目も好きですし、キャデラックのような4代目も好きです。

 

最終となる5代目は、タクシーみたいで、あんまり好きでは無いかも知れません。

1987年に生産が終了してしまっただけあって、大手「カーセンサー」で検索したとしても、日本全国で26台位しか有りません。

 

今回の「さんタク」でさんまさんが愛車として紹介していますので、もっと減ってしまうかも知れませんし、プレミアムカー専門店が買い占めてしまうかも知れませんね。

ちなみに、参考で言うと、最終近くの85年製で本体価格150万円、186万円が青色で販売されていますが、車高を低くする改造をされていますので、普通のシボレー「エルカミーノ」が欲しい人は、駄目なのかも知れませんね。

 

84年製で無改造な白色は、186万円で用意されています。

より前の1972製の物でしたら、365万円で用意されています。

 

年代が古いだけに、色々なパーツを交換されている場合が多く、上から再塗装されている物も多いので、改造や修理歴が無いシボレー「エルカミーノ」を探されている場合、早めに動いた方が良さそうですね。

ちゅるりんは、ハワイに行った時に、こんな感じの車を沢山見ましたし、シボレーも沢山走っていましたので、また、ハワイに行きたくなりました(笑)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ