わさおの由来と犬種、値段について、【元々の名前はレオ】

スポンサーリンク

わさおの飼い主の菊谷節子さんが、去年2017年11月30日にこの世を去られ、菊谷節子さんのご主人様が面倒をみられていると言うエピソードが話題になりましたね。

数ヶ月も経っていませんので、散歩中のリードはかなり長いように感じられますが、元々、旦那様とわさおは仲が悪く、「リードを長くしないと、ガリっとやられる」みたいなニュアンスの事を話されていましたね。

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

これから、わさおと旦那様の信頼関係が出来て来ると嬉しいですよね。

 

特にわさおは、犬種の性格的に、飼い主への忠誠心や情が厚い事でも有名ですので、誠心誠意飼ってあげれば、きっと理解してくれると思います。

ちなみに、ソフトバンクに出て来る「お父さん」は、「アイヌ犬(北海道犬)」と言う犬種ですので、わさおとは犬種が違うみたいです。

 

ちゅるりんは、犬に詳しい訳ではありませんので、「あっ、ソフトバンクのお父さんと一緒かな?柴犬かな?」って思ってしまいましたが、全然違うみたいですね〜。

今日は、わさおの由来と犬種、値段について気になって眠れそうにありません!

 

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

写真はウィキペディアから

 

わさおの由来と犬種、値段について

わさおは、秋田犬で、長毛種と呼ばれる犬種で、「ハチ公」と犬種が一緒だと言う事は驚きでした。

実は、わさおは元々は、野良犬と言うか、迷い犬のような状態で、飼い主の菊谷節子さん達が営む「焼きイカ」の香りにつられて来た所を助けて貰ったと言われています。

 

毛の長い姿が、まるでライオンにも見える事から、「レオ」と言う名前でしたが、旅行記ブロガーとして有名な「メレ山メレ子」さんが「わさお」と呼ぶようになり、「レオ」から「わさお」に改名されたと言われています。

ちゅるりんは知りませんでしたが、「メレ山メレ子」さんがわさおを紹介し、日本テレビ「99プラス」と言う番組が「ブサカワ犬」として紹介したのがブームのキッカケだと言われています。

 

確かに、「レオ」だとありきたり過ぎて、今のような人気は出なかったような気もしますね。

あと、青森県の保健所や野良犬の状況が分からないので何とも言えませんが、野良犬と言うか、野良犬のような状態でしたので、一歩間違えれば悲しい事に繋がっていたかも知れないと思うと、菊谷節子さんのように素敵な方に助けて貰って、本当に良かったですね。

 

あと、わさおの犬種の秋田犬って、天然記念物で、日本唯一の大型犬と言われていますね。

一時期は絶滅すると言われていた位でしたが、「秋田犬保存会」の努力や秋田犬の魅力によって、今は世界中で愛されるようになったと言われています。

 

わさおもそうですが、秋田犬は可愛くて賢く、義理堅い性格ですので、お出迎えしたくなる人も多いと言われていますが、普通の犬種の値段は、5万円〜10万円位だと言われていて、容姿や血統等によっては、もっと値段が上がると言われています。

ちゅるりんも、犬や猫、花粉等で鼻がフガフガにならなければ、一緒に生きたいなって思える犬種ですね♪

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ