コロプラ社長・馬場功淳さんの経歴と読み方(任天堂訴訟)

スポンサーリンク

コロプラ株式会社の「コロプラ」と任天堂さんの熱き戦いが話題になっていますね。

任天堂法務部は、世界最強の法務部と噂されている事で有名で、「キングコング」「ユリ・ゲラー」「テトリス」等、世界レベルの企業に対しても、「訴訟」と言う熱き戦いを挑んでいる企業として有名です。

 

今回のコロプラ社長「馬場功淳」さんは、2017年のフォーブス日本長者番付50位を誇る起業家の1人で、「任天堂を倒す方法を知っています」の田中和和社長で有名なGREEから独立された事でも有名です。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

ソシャゲーは、今は誰でも一度はやった事が有り、毎月何万円もつぎ込むような「趣味」として確立していますね。

最近では、「依存性」等の心配も出て来るみたいで、ほんの一週間位前に、コンビニの前にお年玉袋が無造作に破り捨てられ、友達同士で無心にスマホで遊んでいる姿を見かけましたので、「時代は変わったなぁ」と思いました。

 

ちゅるりんと一回りも違わない年齢だと思いますので、スマホやゲームの進歩には驚かされるばかりですし、スマホ払い、仮想通貨、amazonやアップルのプリペイドカードを見ると、「お金の価値観」が昔とは大きく変わったように思います。

と言うちゅるりんも、子供の頃、GREEが凄く流行ったので、アバターとか会った事も無い人遊んだり、オフ会に行ったりしてました(笑)

 

話は戻り、今日は、コロプラ社長、馬場功淳さんの経歴と読み方について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

馬場功淳(コロプラ社長)の経歴と読み方について

馬場功淳さんの読み方は、「ばば なるあつ」さんです。

1978年1月7日に兵庫県丹波市にお生まれになられ、都城工業高等専門学校を卒業後、九州工業大学情報工学部知能情報学科に編入され、九州工業大学院博士課程を中退されています。

 

卒業後は、「KLab」の前身となる「ケイ・ラボラトリー」に2003年頃に入社され、「GREE」には、2007年頃からです。

自身の「株式会社コロプラ」は、2008年頃に設立され、代表取締役社長に就任されています。

 

「KLab」は、「幽☆遊☆白書」「スラムダンク」「戦国BASARA」「ラブライブ」「キャプテン翼」「うたの☆プリンセスさまっ♪」等とタイアップしたゲーム等も有名な会社です。

 

ラガーマンとしての才能も有り、全国高等専門学校ラグビーボール大会で優勝された経験も有ります。

つい最近では、クリエイター支援を目的とした「クマ財団」を設立され、次の時代を担う学生クリエイターに対し、活動援助や助成を行う素敵な行動も話題になったばかりですので、今後の活動等に支障が出ないか心配な方も多いのでは?

 

今回の、コロプラと任天堂の訴訟問題は、どのような形で決着が着くんでしょうね。

馬場功淳さんの資産は、790億円だと言われていて、今回の任天堂の損害賠償金額は44億円だと言われています。

 

そこまでの痛手にはならなさそうな感じもしてしまいますので、次元が違う話しと言うか、凄すぎですね(笑)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ