ゴンチャロフ製菓のパワハラは事実無根?平均年収と「職人」

スポンサーリンク

ゴンチャロフ製菓と言えば、比較的どの百貨店等でも入手出来るお菓子メーカーの一つですが、労働条件は過酷を極める部署も有り、パワハラも指摘されている状況です。

やはり、製菓等のパティシエは、「職人」ですので、鮨職人と同じように、憧れ等の気持ちでは乗り越えられない「何か」が有るのかも知れません。

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

普段、何気なく食べているプレミアム系のチョコレートには、過酷な環境を乗り越えて来た情熱や苦労が詰まっていると思うと、今後、ゴンチャロフ製菓等のお菓子を食べる時は、少し深みが増して感じるかも知れません。

 

ちゅるりんの知り合いに、某高級ホテルの鮨職人さんが居られますが、今回問題ななった過酷な環境を軽く超える位の修行量だったと聞いています。

ゴンチャロフ製菓のパワハラ等の件で、今後、職場環境が改善される事を切に願いますが、「職人の味」から、「普通の味」に変わってしまうと、少し複雑な気持ちになってしまいますね。

 

確かに、悪い事であれば、改善しなければならないと思いますが、何故か「さじ加減」が上手く出来ないのが、今の「日本」だと感じる事も多く、本当に難しい問題だと思います。

今日は、ゴンチャロフ製菓のパワハラだと指摘された内容と平均年収について気になって眠れそうにありません!

 

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

ゴンチャロフ製菓のパワハラはどんな感じ?

実際の契約よりも、1時間〜1時間半位前に出勤するのが当たり前の状況だったと指摘されていますが、これは、普通に有る事だと思いますし、ちゅるりん達も暗黙のルールと言った感じです。

初めて知りましたが、ゴンチャロフ製菓のチョコレートは、規定を満たすクオリティーでは無かった場合、契約する牧場に家畜の肥料として提供していたみたいです。

 

失敗してしまった場合、「また、牛のエサを作ってるんか」と怒られてしまったと話されていたそうですが、「修行」との線引きが難しいです。

また、ゴンチャロフ製菓を退職したいと言う意向を伝えた場合、「あなたの卒業した専門学校からは、採用しない」と言う旨を伝えられた事が、今回のパワハラ内容ですが、皆さんはどう思われますか?

 

残業時間は、2015年9月から12月は、87〜109時間だと言われていますが、この業界、「バレンタイン」「ホワイトデー」「クリスマス」の過酷さは有名ですし、どこも同じような感じなのかも知れません。

ですが、ゴンチャロフ製菓側は、「このような長時間労働は無い」と話されています。

 

「実際の状況を見てみないと分からない」と言うのが、正直な感想だと思いますし、殆どの社会人の方は、これ以上の過酷な経験を乗り越えて来た方ばかりだと思います。

ゴンチャロフ製菓側も、「パワハラも認識していない」と話されていますので、本当に難しい問題です。

 

もし、劣悪な環境だったのであれば、改善は必要だと思いますが、「チョコレート職人」は、生半可な気持ちで挑んでしまったのでは無いか?と言う疑問も浮かんでしまいます。

冒頭でも、少し触れた「鮨職人」の友人は、これよりも過酷ですし、自営業、ベンチャー系の会社経営者の方も、凄い状況です。

 

皆さんは、どう思われますか?

 

●ゴンチャロフ製菓の年収は?

営業や販売では無く、製造系の新入社員の場合、200〜250万円くらいでは無いか?と言われています。

ゴンチャロフ製菓は、販売実績や卒業する大学等も考慮されると言われていますが、「年功序列」や「役職手当」で年収が決まりますので、新人時代には、期待するような年収を得る事は出来ないと思います。

 

また、専門学校卒で、工場内作業です。

自分の実力を発揮し辛い環境ですので、勤続年数が物を言う環境なのかも知れませんね。

 

「職人」ですので、この経験を活かし、有名ホテルやショコラトリーへ行くべきなのかも知れません。

これから、ゴンチャロフ製菓で働かれる予定の方は、最初の志を忘れず、「合わなければ、たまたま、あなたと環境が合わなかっただけ、次、頑張りましょう!」としか言えません。

 

ゴンチャロフ製菓は、ちゅるりんだけでは無く、色々な人に笑顔や喜びを運んでくれるお菓子メーカーです。

心から、応援していますね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ