フジモリ元大統領が病気で恩赦、舌癌が悪化?該当する病気を徹底調査

スポンサーリンク

フジモリ元大統領の健康状態を理由として、裁判所からの言い渡しの一部が消滅し、病院に搬送された事が話題になっていますね。

特別な理由が有る事が前提ですが、「裁判所からの言い渡しの一部が消滅」する事を、「恩赦(おんしゃ)」と言うみたいです。

 

丁度、12月25日時点で、娘のケイコ・フジモリさんがツイッターで、「やっと父が自由になります」「希望と喜びのクリスマスになりそう」と発言されていた事も話題になりましたね。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

アルベルトフジモリさんは、ペルーの元大統領ですが、クイズ番組や歴史の授業等で「フジモリ」と言う言葉を知った時、ちゅるりん達の慣れ親しんだ日本の名前が出て来たので、驚かれませんでしたか?

特にちゅるりんは、フジモリと言う名前の友達が居ましたので、当時の事をハッキリと憶えています。

 

今日は、フジモリ元大統領が恩師を受けた理由になった病気と経歴について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

フジモリ元大統領の病気って?

23日までに心拍異常と血圧低下等様々な事が原因で、リマから病院に搬送される事になりましたが、一体どのような病気なのかが心配ですね。

フジモリ元大統領は、現在79歳ですので、ほんの些細な事で、深刻な病気に繋がってしまいがちです。

 

以前、舌がん手術を受診される等、健康状態が心配されていましたからね。

「舌癌(ぜつがん)」と言う病気は、舌の前方部分にガンが出来てしまう病気で、後方の根本部分にガンが出来てしまった場合、「舌根癌(ぜっこんがん)」と呼ばれるみたいです。

 

50歳以上の方に発症しやすく、進行状況によっては、食事、会話等に支障が出てしまうと言われていますが、心拍異常と血圧の降下は無いと言われています。

では、心拍異常や血圧の降下が出る病気は?と疑問に思いますよね。

 

心拍異常は、ストレスや睡眠不足、疲労が続くと誰でも起こるますが、「心筋梗塞」「狭心症」「心房細動」「心筋症」「心筋炎」「房室ブロック」「貧血」「自律神経失調症」「バセドウ病」「更年期障害」等が代表的な病気だと言われています。

血圧の降下は、「起立性調節障害」「心筋梗塞」「不整脈」「貧血」「心筋症」「心筋炎」「大動脈弁狭窄症」「低栄養」「胃十二指腸潰瘍」「肺硬塞」「甲状腺機能低下症」「下垂体機能低下症」「副腎不全」「低血糖」「パーキンソン病」「多発性硬化症」「脳腫瘍」「糖尿病」等が代表的な病気だと言われています。

 

上の病気を見ると分かるのですが、心拍異常と血圧降下が現れる事が有る病気も有りますので、フジモリ元大統領が、治療によって快方に向かう事を祈るしか有りませんね。

ペルーの現大統領は、「クチンスキー大統領」で、過去のペルー大統領では、恩赦は有り得なかったと言われています。

 

ちゅるりんは、頑張った人が、助かったかも知れないのに居なくなってしまうのは、本当に辛い事だと思いますので、元気になって欲しいです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ