三森すずこの最新画像と「みもにー事件」「グローリー事件」の詳細

スポンサーリンク

三森すずこさんとオカダ・カズチカさんが真剣交際を発表されましたね♪

プロレスが大好きで、交際が発覚する前から試合に観戦する姿も見られたと言う事は、ファンの方の中では有名な話みたいで、「やっぱりな!」と言う声も多いと言われています。

 

去年、2017年の夏頃から交際がスタートしていますので、交際期間はそこまで長くは無いように感じる方も多く、今回の発表には驚かれたと思います。

オカダ・カズチカさんは、かなりモテる人で有名みたいですので、今回の公式発表は、「真剣だから邪魔しないでね!」と言う意味合いが強いように感じましたが、皆さんはどう思われますか?

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

最近は、声優さんに対する異常な行動に出るファンが、ネットニュース等だけでは無く、全国ニュースでも取り上げられていましたね。

 

竹達彩奈さんがテレビの取材に対し、涙されているシーンを見た時、貰い泣きしてしまったと同時に、「また、オタクの肩身が狭くなるんだろなぁ」と思いました(笑)

今回の交際発表に際し、三森すずこさんは、「プライベートではいろいろありましたけど、」と話されている事が気になり、少し知らべてみると、今回の竹達彩奈さんと同じ位かそれ以上に一部のファンに攻撃されていた過去が有るみたいですね〜

 

まぁ、オカダ・カズチカさんが居れば、変な素人のファン位なら大丈夫そうですが(笑)

今日は、三森すずこさんの最新画像と巻き込まれた事件について気になって眠れそうにありません!

 

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

三森すずこさんの最新画像と事件について

三森すずこさんの出演作品を見ても、ジブリみたいな王道系のアニメしか知らないちゅるりんは、「ラブライブ!」位しか分かりませんでしたが、かなりの人気作や話題作に出られているみたいです。

最新画像を見ても、健康的で可愛らしいので、アイドル寄りの声優な印象です。

 

事件は、ファンによるツイッター内での誹謗中傷等が大半で、純粋に三森すずこさんを応援したいファンでは無く、「アンチ」と呼ばれる人による物だったみたいですね。

何で嫌なのに絡むのかが良く分かりませんが、声優活動を辞めるように言ったり、事実無根のことを言ったりしたりしたみたいです。

 

これは、2012年頃に話題になった事件らしく、元々は、三森すずこさんが「オタクの事を嫌っている」的な作り話が始まりで、爆発的に「アンチ」が増えてしまった事が原因みたいです。

次に有名な事件は、2014年頃で、この時は、三森すずこさんの公式ツイッターに対し、体液を付けたグラビアの表紙を移した画像を送り付けた事が始まりみたいです(食事中の方、ごめんなさい)

 

ファンはこの事件を「みもにー事件」と呼ぶらしいです。

最悪ですね。常識を疑います。

 

更に、2015年には、22歳の男性専門学校生による「事務所に押し入ってこ◯す」と言う予告を有名掲示板に投稿された事も話題になったみたいです。

 

この事件の原因は、三森すずこさんが自分の好きな声優さんの悪口を言ったからと言われていますが、実際の所、悪口だとは思えない内容だったと言われています。

ちゅるりんは知りませんでしたが、三森すずこさんは、結構「サバサバ系」の方らしく、ファンの人達からすれば、「自分達は好かれていないのでは?」と不安になってしまうような対応も多かったとか。

 

「グローリー事件」は、ファイターズの三森大貴選手が登場曲に三森すずこさんの「グローリー」を本人公認で使用していた事の筈です。

この「グローリー!」は、ダイヤのAと呼ばれる人気野球漫画に使用されていたからだと言われていますね♪

 

もしかすると、この「サバサバ系」の性格がトラブルの原因なのかも知れませんが、これ位自然体の方の方が信頼出来ませんか?

ちゅるりんは、歌番組等で声優さんによるグループが出演された時位しか観ませんが、本当は何を考えているのか分からない「ぶりっ子系」「優等生系」よりは、自分らしさのある人の方が良さそうな気もします。

 

今回、事件について調べてみると、三森すずこさんクラスになると色々有るんですね。

それでも、諦めずに継続しているって事が素敵だと思いますし、芯の強さが見える気もしますね。

 

このまま、オカダ・カズチカさんと結婚出来ると良いですね♪

でも、声優さんって、交際とか結婚すると仕事に影響しちゃうんですかね?

 

最新画像が見たい場合は、公式ツイッターが確実ですね。

>>https://twitter.com/mimori_suzuko

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ