今村岳司の経歴は、圧倒的主人公属性、今の恋人はお嫁さんになるの?

スポンサーリンク

今村岳司さんは、兵庫県西宮市の市長を退任される意向を発表された際、読売新聞の男性記者に暴言をはかれ、取材拒否されると言う事が話題になりました。

今現在では、今村岳司さんは、完全に悪者になってしまいましたが、実際の所はどうなんでしょう?

 

実際問題、市川海老蔵さんの妻、小林麻央さんが進行性乳がんを発表された際、海老蔵さんが各新聞記者への迷惑行為を注意していますし、「面白半分」「印象操作」としか思えないような偏った報道も有りますので、こう言った情報には左右されないようにする必要が有りそうな気もしてしまいます。

もちろん、業務に携わる人全員を疑問視する事は出来ません。

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

今村岳司さんと言えば、当選後の議会初日に「茶髪、ピアス、髭」と言った斬新な出で立ちで挑んだと言う事が話題になった方と言われています。

 

1999年頃だと言われていますので、流石に、ちゅるりんは小さかったので分かりませんが、当時は、今で言う「炎上」みたいな事になったのかな?と言う感じです。

でも、4期連続で当選して、内3回はトップ当選ですので、今後テレビで流れるイメージと現実は離れて行きそうな予感もします。

 

今日は、今村岳司さんの経歴とお嫁さんについて気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

今村岳司さんの経歴とお嫁さんに関して

1972年11月28日に兵庫県西宮市にお生まれになり、「神戸大学付属住吉小学校」「甲陽学院中学校・高等学校」「京都大学法学部」、大学在学中には、進学校で算数科の講師もされていたエリートです。

大学卒業後の凄いエピソードとして、大手「リクルート」を面接した際、「いずれ政治家になるので時期が来たら辞める」と宣言した上で入社されています。

 

今村岳司さんは、自分に確固たる自信が有るから言える発言ですが、カッコ良過ぎですよね。

普通は、言えませんよ〜。ちゅるりんは、面接の思い出と言えば、「辛い」の二文字しか有りませんでした(笑)

 

1999年に「リクルート」を退社され、同年に無所属で西宮市議会員選挙に出馬してトップ当選、26歳の偉業ですので、最年少記録でした。

初当選後の初日、「茶髪 ピアス ひげ」と言うかなり近寄り難い雰囲気で登場し、印象が違うと指摘された歳には、「あの方が通ると思ったから。こっちが本来の自分です」と一蹴。

 

今で言う所の「炎上」に似たような状態になるも、「政治の業界には、若いやつが政治に目を向けたくなるような同世代のヒーローがいない。じゃ、俺が興味の対象になってやろう」とまたも一蹴したと言うエピソードも有ります。凄すぎますね。

2013年には市議を辞職された後、市長選に立候補され、今までの地位による推薦や支持を受けずに、またも無所属で立候補し、当選されたと言う、圧倒的主人公属性と言った感じの流れです。

 

何故、こんなに凄い人がこの業界に進んだのか疑問になると思いますが、1995年の阪神淡路大震災によって、生家が全焼すると言う辛い過去も関係していると言われています。

阪神淡路大震災で命を掛けて活動された自衛官や消防士の姿に感動され、この業界に進んだと言われています。

 

ちゅるりんが考えさせられたのは、今村岳司さんの「ボランティアの在り方」についてです。

今村岳司さんは、「プロに任せなさい」と言う話だったのですが、その発言等を知った事で、色々と考えるキッカケにもなりました。

 

ちゅるりんも、感情の動くままに色々な物や義援金を送りましたが、ツイッターでは、賞味期限切れが問題になってしまったり、物資の必要性について議論された時、お恥ずかしい話ですが、「折角贈ったのに」と頭に来た事が有ります。

でも、冷静に考えると、ちゅるりんがしていた事は、「自己満足」でしか無く、本当に被災者支援を考えていたのであれば、もっと他の事に参加したり、注力するべきだったんじゃ無いか?と思っています。

 

今村岳司さんは、今後炎上してしまうのかも知れませんが、今後の理想的なリーダー像の一つの答えなのでは無いか?と思いますし、ちゅるりんは、今後の活動も期待しますし、応援します。

当然、芸能人やアーティストでは有りませんので、お嫁さんの情報は有りません。

 

ですが、一回は離婚されていると言われていますので、バツイチの状態、恋人は存在すると言われていますので、現在はお嫁さんは居ないが候補は居ると言った感じでしょうか?

今まで、第一線で活躍されていましたので、恋人と少しゆっくりと過ごしてから、色々と決められるのでは無いかなって思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ