堆肥小屋とは?読み方と意味、画像と仕組みに関して【秋元優里】

スポンサーリンク

秋元優里さんが、食事後に向かった場所は、堆肥小屋と竹林と言う、何ともお嬢様らしくない場所だった事が話題になりましたね。

これだけ話が大きくなってしまっては、今後、どのような流れに進んで行くのかが気になりますね。

 

今回の報道が出る前から、大切な娘さんとの「親権」で、旦那様の生田竜聖さんと話し合っていると言う情報も有りますが、本気で娘さんを大切にしたいのであれば、どうしてこんな事をしているのか?と言うのが正直な感想と言う方も多いような気もします。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

秋元優里さんが食事後に向かった東京近辺の堆肥小屋と竹林が、GoogleEarthで特定出来たと言う話も話題になりましたが、最近の技術の向上や情報量って凄いですよね。

ちゅるりんも昔住んでいた場所をGoogleEarthで巡ったり、昔旅行に行った場所を辿ったりする事がありますが、こんな使い方も有るんですね(笑)

 

今日は、堆肥小屋とは?に関してと、読み方と意味について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

写真はヤフー画像検索

 

堆肥小屋とは?読み方と意味に関して

「堆肥化施設(たいひかしせつ)」と呼ぶ場合も有り、家畜の老廃物や草、食品加工時等に出て来る食品廃棄物を微生物等の分解力を利用し、再利用可能な状態にする施設だと言われています。

今回、秋元優里さんは、人気が無い竹林辺りを利用されていますので、家畜の老廃物を微生物の力で分解し、再利用する為の堆肥小屋だったんだと思います。

 

「堆肥小屋」の読み方は、「たいひごや」で大丈夫です。

今回の竹林周辺の堆肥小屋であれば、落葉、草、わら、家畜の老廃物等を上に重ねるようにして「積む」状態にし、「石炭窒素」「石炭」「硫安」等を加える事によって、微生物による分解を促進する場合が1番多いと言われています。

 

「硫安」の読み方は、「りゅうあん」で、硫酸アンモニウムの事みたいです。

「石炭窒素」「石炭」「りゅうあん」を使用し、通常よりも腐敗を早めた堆肥の事を、「速成堆肥」とも呼び、逆に、何も加えずに自然のサイクルに任せて行う堆肥の事を、「自然堆肥」と呼ばれるみたいです。

 

秋元優里さんは、終始車内に居たと言われていますし、「速成堆肥」か「自然堆肥」かどうかは分かりませんが、家畜の老廃物や草や葉等を腐敗させる事によって、「堆肥化」させますので、相当臭かったのでは無いか?と思います。

ちゅるりんも、旅行等で田舎道を車で通過する時、凄い臭いが車内にこもってしまい、慌てて車のエアコンを切り替えたりする事が有るのですが、「異臭」とも言える臭いでした。

 

そんな異臭がする状況で、ムードもヘッタクレも有りませんので、ちゅるりんは絶対に嫌ですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ