川上量生のお嫁さんは、経産省キャリア!宮崎駿さんを激怒させた事件

スポンサーリンク

川上量生さんが「niconico」の代表取締役会長CTOから、取締役CTOになり、技術面に注力して行き、今後は新規事業も開始すると言う方針が話題になっていますね。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

「niconico」と言えば、ニコニコ動画の事ですが、最近では、YouTubeの1人勝ちと言った感じですね。

当時は、ニコニコ動画の画質でも十分に対応出来たと思いますが、今は、驚く位の高画質が当たり前になっていますので、川上量生さんの今後のご活躍に注目ですね。

 

ちゅるりん的には、「風の谷のナウシカ」「千と千尋の神隠し」で有名な宮崎駿さんと微妙過ぎる空気になった事を強く憶えています。

ニコニコ動画の川上量生さん、元ライブドアの堀江貴文さん、2ちゃんねる(今は5)ひろゆきさんは、本当に凄いと思いますし、聡明な方だとは思いますが、色々な方と衝突されやすい印象です。

 

敵も作りやすい分、味方や信仰する方が多く、これからは、色々な意味で強いリーダーが求められているのかも知れませんね。

今日は、話題の川上量生さんのお嫁さんと、宮崎駿さんと険悪なムードになったエピソードが気になって眠れそうにありません!

 

「ソフトバンク」の孫正義さんの次に年収が多いと言われていますので、日本人では2番目に高取得と言う事だと思います。

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

川上量生さんのお嫁さんは?

「クールジャパン」と言う言葉はご存知ですか?

簡単に言うと、海外からみたら、「クールだね!」と言いたくなるような日本の魅力を上手く海外に広げようと言う国家戦略の一つのような感じですが、当時、その担当者として有名な方が、川上量生さんのお嫁さん「須賀千鶴」さんです。

 

東大法学部を卒業され、キャリア官僚になられた方で、川上量生さん同様に、個性が強い方で有名です。

当時、経産省に入省された際、世間一般の方は、堅いスーツ姿の方が大半ですが、須賀千鶴さんは、ノースリーブに茶髪と言う出で立ちだったと言われています。

 

当時は、「自己主張が強いだけの人」と言う印象を持たれている方も多かったと言われていますが、当時は知名度が低かった「LEDの普及による省エネ対策」「海外から積極的に投資を呼び込む」等の業務も行い、経産省だけでは無く、様々の省を納得させ、束ねる実力もお持ちだったと言われています。

まさに、「業界に風穴を開ける」と言った感じの方で、川上量生さんのお嫁さんらしいと言えばらしいと思います。

 

また、結婚式でGACKTさんが歌われた事は、話題になりました。

入省以来の抜きん出た活躍が評価され、2009年から、経済産業省の「貿易経済協力局 貿易振興課 課長補佐 国際租税担当」で、ご活躍されています。

 

川上量生さんは、日本を代表する次世代リーダーと言った感じですが、お嫁さんの須賀千鶴さんも凄いですね。

 

川上量生さんが宮崎駿さんと険悪な空気になったエピソード

2016年に放送された「終わらない人 宮崎駿」と言うNHKの放送内で、川上量生さんの開発した「AI」搭載のCGを宮崎駿さんにご覧になって頂くと言う内容が有りました。

川上量生さんは、取締役の身でありながら、宮崎駿さん率いるスタジオジブリへ無給で所属し、「風立ちぬ」「思い出のマーニー」等に「プロデューサー見習い」の身として参加されている事でも有名です。

 

多分、川上量生さんは、宮崎駿さんを尊敬していると思いますが、何故か宮崎駿さんの神経を逆なでするような事を起こしていまいます。

ちゅるりんも含め、宮崎駿さんの作品をご覧になれれた事が有る方は、「生命の尊さや儚さ」に重きを置いた作品に心から感動した経験が有ると思います。

 

川上量生さんは、宮崎駿さんに発表した「AI」搭載のCGは、人型で、痛覚が備わっていませんので、「頭が大切」と言う概念も無く、頭を足のようにして素早く動くと言う内容でした。

丁度、呪怨やリング、海外のゾンビ映画のように、奇妙な動きをしていたのだと思います。

 

それを観た宮崎駿さんは、毎朝お会いするハンディキャップをお持ちの方を思い出すと話されています。

その方は、ちゅるりん達なら何の苦労も無く出来る「ハイタッチ」さえも行う事が難しい状態の方でだと話されていました。

 

CGをご覧になられた後、その事を思い出したと言う感想を述べ、「生命に対する侮辱」と続けています。

現時点では、川上量生さんは、スタジオジブリを統べる可能性が高いと言う情報も有りますが、ちゅるりんをはじめ、宮崎駿さん作品で、人生観等が良い意味で変わったり、心打たれたと言う方は、手放しには喜べないのでは無いでしょうか?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ