森井秀明市長の経歴が素敵過ぎる!お嫁さんは?

スポンサーリンク

森井秀明市長と言えば、小樽市内で史上最年少で市議選に当選された事でも注目された方で、「しがらみ」に対して、常に戦い続けるスタンスが、小樽市民だけでは無く、日本全国の多くの人の心に刺激を与えてくれたと思います。

最近では、ブラック企業批判や先行き不透明で、暗い世の中だと悲観になってしまう方も多いと思いますが、森井秀明市長のように、自分の信念を信じ、自分から茨(いばら)の道へと突き進む姿は、本当に凄いと思います。

 

ですが、小樽市民の中には、現状を壊す事に対し、あまり良い印象を持っていない人が居るのか、「もっと謙虚に」と森井秀明市長が尻を叩かれるニュースも話題に上がってしまいましたが、「激励(げきれい)だった」と言う周囲の声も有ったと聞きました。

実際の所はどうなんでしょうね。

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

話はそれてしまいますが、ちゅるりんは、「もっと謙虚に」と言う言葉が、日本人の殆どを駄目にしているキーワードでは無いかな?って思っています。

 

個人的には、TPOをわきまえているのであれば、状況によっては、致し方ない事だと思っていますが、皆さんはどう思いますか?

もちろん、一部始終を見た訳では有りませんので、何とも言えませんが・・・

 

今日は、森井秀明市長の経歴やお嫁さんについて気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

森井秀明市長の経歴

北海道で生まれ、就職して現在に至る迄の45年間の殆どを北海道で過されていますので、特に思い入れは強いと思います。

生まれた場所は、北海道恵庭市と呼ばれる場所で、比較的、千歳から近く、札幌、小樽、苫小牧が近くの場所で、人口は7000万人近いです。

 

その後、落語家の11代目「春風亭柏枝」さんや、女優の大沢逸美さんが通われた、北海道北広島高等学校を卒業されています。

高校卒業後は、北海道教育大学札幌校教育学部体育学科を卒業されています。

 

学科は違えど、北海道教育大学と言えば、著名人やスポーツ選手、政界に至る迄、様々な人材を輩出されて来た大学です。

また、森井秀明市長だけでは無く、遠軽町長、三笠市長、小清水町長、札幌市長等もご卒業された大学として有名です。

 

森井秀明市長は、体育学科卒業ですので、スポーツマン的な精神をお持ちなのかも知れませんね。

最初の就職先は、札幌トヨタ自動車株式会社ですが、数年で退職され、北海道ライフセービングクラブを設立されました。

 

「ライフセービング」と言うと、あまり聞き慣れない方が多いと思いますし、お恥ずかしい話ですが、ちゅるりんも存じ上げませんでした。

ヨーロッパが元で、一時救命措置である救助、蘇生、応急処置等を行う人命救助を基本とした社会的活動です。

 

素晴らしいの一言ですね。

毎日の生活で一杯一杯のちゅるりんからしたら、生きている世界や人間としての根本的な志が違う気がしてなりません。

2003年に小樽市議会議員選挙に出馬して見事当選、2015年に小樽市長選に出馬して当選し、現職です。

 

こうやって森井秀明さんの経歴を見ると、非常に気持ちの良い人だと言う事が分かりますね。

 

●お嫁さんや子供さんは居ない?

日本全国の市長にも共通している事だと思いますが、あまりお嫁さんや子供さんの情報は出ないようになっています。

当然、こういった仕事は、目立てば目立つ程、改革しようとすればする程、「敵」が増えてしまうからだと思います。

 

体育学科を卒業され、人命救助のライフセービングクラブ立ち上げる位の燃えるように熱い闘志を抱かれている方が、お嫁さんや子供さんを不安な状態にさせる事はしないと思います。

45歳ですので、お嫁さんやお子さんが居ても何ら不思議では有りませんが、お嫁さんが居るとすれば、素晴らしい人に違いありません。

 

もちろん、子供さんも、お父さんの背中を見て育ちますので、立派な人間に育つ事は間違い無いと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ