水戸ご当地アイドル運営者の名前とうめの証言内容と画像、解散理由

スポンサーリンク

水戸ご当地アイドル(仮)が運営者とのトラブルが原因で、解散されてしまいましたね。

2012年に結成され、当初は10人居たメンバーは、色々脱退しては加入を繰り返し、解散時には半分の5人にまで減っていたみたいです。

 

約6年間も活躍されていて、デビューシングル「NEBAPPE☆MITOPPO」を含めて4枚位出されていたみたいですが、皆さんはご存知でしたか?

少し前位から、「ご当地アイドル」「ご当地ゆるきゃら」「ご当地グルメ」等のように、地方に注目される機会が増えたのは良い事だと思いますが、運営とかがちゃんとフォローしてあげないと駄目だと思います。

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

勢いも大切だと思いますが、勢いだけでやってしまうと、参加した人達が可哀想な結果になる事が多いので、少しは「プロ」から学んだ方が良いと思います。

 

今回、水戸ご当地アイドル(仮)の女性側と運営者の意見が食い違いが有り、去年、2017年11月に脱退された「うめ」と言う方が専用ツイッターを作って反論したりしていますが、最終的には、どのような流れになるんでしょうね。

今日は、水戸ご当地アイドル(仮)の運営者の名前と解散理由になった「うめ」について気になって眠れそうにありません!

 

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

水戸ご当地アイドル(仮)の運営者の名前と解散理由になった「うめ」について

運営代表者は、「栗原秀典」さんと言う方で、全国的に有名な方と言う訳では無いみたいです。

まぁ、有名なプロデューサーなら、もっと、大々的に個人名が上がっていますよね。

 

あと、今は「ウメ」と言うネームでツイッターで解散の真相をツイートされているのは、2017年に脱退された「うめ」さん本人で間違い無いみたいです。

解散時の「水戸ご当地アイドル(仮)」のメンバーは、「あみ」「ゆりりん」「れん」「らら」「みずき」さんで、今回の解散理由になった原因となるツイートをしたのが「うめ」さんです。

 

「うめ」さんは、「栗原秀典」さんが、お酒を飲ましたり、セ◯ハラ、パワハラ、賃金未払い、脱税等をしているとツイッター専用アカウント上で報告されていた事が話題になり、全国的に報道される事が決まった時点で、「水戸ご当地アイドル(仮)」は、解散を発表、発表即解散になったと言われています。

 

「うめ」さんも今後、機密情報等を漏洩してしまっていますので、アイドル活動が出来るかどうかも分からなくなってしまいましたし、「水戸ご当地アイドル(仮)」の解散時のメンバーも怪しくなってしまいましたね。

もし、運営者の「栗原秀典」さんが、「うめ」さんの証言通り、「保身の為」に解散したような人であれば、適切な処分を受けて欲しいですし、この一件が、業界の正常化に繋がって欲しいですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ