池坊保子ってどんな方?スキャンダルの真相と離婚の噂を徹底調査

スポンサーリンク

池坊保子さんは、「日本相撲協会」の最高意思決定機関の評議員の議長にあたる方らしく、貴乃花親方の理事解任によって、終止符が打たれた形になります。

「あっ、貴乃花親方は、こういった仕組みを根本から改革したかったんだろうな〜」と、ぼんやりと橋下徹さんの状況に似てるような気もしてしまうのですが、皆さんはどうでしょうか?

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

ちゅるりんもそうですが、今回、相撲に全く興味が無い人であったとしても、「相撲の組織って凄く複雑なんだなぁ・・・」と感じたのでは無いでしょうか?

 

今回の日馬富士さんと貴ノ岩さんの件は、非常に様々な力士や組織にまで飛び火したような形になり、連日のように貴乃花親方や白鵬さんの話題が上がり、途中から池坊保子さんの名前が頻繁に出て来るようになりましたね。

こういった機会が無いと、「相撲協会」のニュースが流れませんからね。

 

今日は、池坊保子さんに関してと、スキャンダル内容、離婚したかどうかについて気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

池坊保子さんって?スキャンダル内容と離婚に関して

何となくですが、相撲をされていた人が「相撲協会」なら分かるのですが、池坊保子さんが最高責任者と言われても、「何で?」「誰?」と思うのが正直な感想だと思います。

最近、生前退位が話題になった、現時点での天皇、「今上天皇」の再従妹だと言われています。

 

元政治家の方で書道家の「池坊専永」さんとご結婚され、ご自身も書道家です。

「公益財団法人・日本相撲協会・評議委員会長」として注目されていますが、「日本漢字能力検定協会理事長」等も歴任されていたと言われています。

 

「相撲協会」の最高責任者になられた理由は、日本相撲協会が2014年1月に「公益財団法人」になり、外部有識者が必要となったから招かれた事が始まりだと言われています。

「公益財団法人」は、聞いた事は有るけれど、イマイチ分からないと言う方が多く、ちゅるりんもそうでしたが、「公益法人認定法」に基づき、「行政庁」から認定された「財団法人」の事で、基本的に「非課税」となり、税金面で大きな違いが出て来る事が特徴です。

 

「稲盛財団」「オリックス財団」等が有名な所で、給料も公務員と同じような扱いだと言われています。

結局の所、貴乃花親方は、今回の件に関して、「報告義務違反」が1番大きな理由だと言われていて、「相撲協会」への向き合い方に問題が有るのが大きな理由みたいです。

 

ん〜難しそうですね。組織改革って。

まるでゴチャゴチャしたドラマや映画を観ているかのような不快感です。

 

池坊保子さんと言うと、「離婚したのでは?」と言う噂も出ていますが、離婚はされておりません。

この離婚疑惑と言うのは、講談社から1984年頃に発売された「PENTHOUSE JAPAN」と呼ばれる子供には見せられない系の雑誌に、生まれたままの状態に近い写真を出されていたからと言われています。

 

丁度、池坊保子さんが42歳頃で、書道家の旦那様、お子様も居られますので、「離婚になるのでは?」と当時話題になった事が関係いると言われていますが、離婚されていません。

この件が「スキャンダル」だと言われています。

 

「スキャンダル」の意味は、その人の名声を汚してしまうような不祥事、変な噂等が元々の意味ですので、言葉のニュアンスとしては正しいと言われています。

皆さんは、今回の貴乃花親方の行動はどう思われましたか?

 

ちゅるりん的には、この行動がキッカケで、悪い所が有るのであれば、少しでも良くなって欲しいなって思いました。

会社や仲間内等で、自分では駄目だと分かっていたとしても、何となくスルーしてしまうのが普通だと思いますが、自分の信念を貫いてみようって思いましたし、今回の貴乃花親方の行動は、相撲関係者の方だけでは無く、色々な人の心に火を付けてくれたと思いますよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ