草島進一の経歴は素敵?パワハラ問題は本当なのか(コーヒーの件)

スポンサーリンク

草島進一さんが、「根も葉もない噂」が出てしまったせいでパワハラを指摘された問題が出てしまいました。

その記事を書いた出版社に対し、抗議と訂正謝罪記事を上げるように通達している時、「モーニングショー」に対しても、「根も葉もない噂ですので、番組内で取り上げないで下さい」と言う旨を伝えられたみたいです。

 

「モーニングショー」番組内担当者もこの一件を番組で取り上げない事を約束、ところが、番組でコーヒーの件の話題が上がってしまいました。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

最近は、視聴率の低下が話題に上がってしまいがちですが、テレビの影響力って凄いですよね。

ちゅるりんも、「根も葉もない噂」であったとしても、ニュース番組等で取り上げられていたとしたら、パワハラの疑惑も信じ込んでしまいますからね。

 

それだけ、テレビに関わる人は、想像を絶する位、緊迫感の有る仕事に取り組まれていると言う事ですね。

昔、「ノスタルダムスの予言」で、1999年頃にテレビ番組等で、人類が滅ぶ的な話しが取り上げられていましたが、ちゅるりんは、本気で不安な毎日を送っていた事をおぼえています(笑)

 

今日は、草島進一さんの経歴とパワハラ問題の経緯について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

草島進一さんの経歴

山形県鶴岡市鳥居町に生まれ、鶴岡南高等学校を卒業後、明治大学農学部を卒業されています。

鶴岡南高等学校を卒業された方には、三菱ふそう自動車会長「渋谷米太郎」さん、ブリジストン最高執行責任者「西梅和久」さん、電撃ネットワーク「南部虎弾」さん、スキー選手「石塚志乃」さん達が有名です。

 

明治大学を卒業された有名人は沢山居られますが、ちゅるりんは、森永製菓創業「森永太平」さん、サッポロビール創業者「岡烈」さん、日野自動車会長「大久保正二」さん、トヨタ代表取締役「大野修司」さん、ライザップ「瀬戸健」さん達が有名だと思います。

明治大学卒業後は、アウトドア雑誌のアシスタント、日本リサイクル運動市民の会の編集部員、神戸の震災時に神戸への炊き出しと被災地救援活動を精力的にされていたと言われています。

 

凄いですね。

ちゅるりんは、被災地支援の為に物資を送ったり、当時のお小遣いを家族と一緒に義援金として送る位しか出来ませんでした。

 

その後も、草島進一さんは、1997年の重油災害、2004年の中越地震、2007年の中越沖地震、2007年の能登半島地震、2008年の内陸地震等の復興支援等の政策をされていたみたいです。

1998年には、「環境NGOウォーターワッチネットワーク」を設立し、代表になられます。

 

1999年から鶴岡市議会議員を10年、2011年に山形県議会銀に当選されています。

2015年頃から、老人介護にも注力されているみたいです。

 

ちゅるりん的には、草島進一さんは、復興や老人介護等を意識されていますので、今回のパワハラの件が本当なら、悲しくなりますね。

実際問題、どんな人でも、その時の精神状態によっては、キツい口調になると思いますし、ちゅるりんの周りも、追い詰められると凄い暴言を吐く人も居ますが、周囲は、「◯さんは、大変だからね。皆でフォローしような」と言う雰囲気です。

 

職業が職業ですので、言葉の重みが凄いんでしょうね。

皆さんは、草島進一さんのパワハラの件、どう思われますか?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ