野生のアライグマが爆発的に増えた原因と某人気アニメの悪影響

スポンサーリンク

アライグマの野生化により、民家や畑等を荒らし、生態系を破壊していると言われていますが、元々は、ペットが放されて定着化してしまった事が原因だと言われています。

最近では、テレビ番組等の企画で「外来種問題」を積極的に取り上げたり、人気男性アイドルグループが、捕獲してから、人気料理店へ調理を依頼し、美味しく食べると言う企画も人気みたいですね。

 

確かに、「外来種」と言う存在に対して、視聴者に訴えかける事は正しい事だと思いますが、この番組には、「微妙なズレ」が生じているように感じます。

「微妙なズレ」は、人間が一方的に悪いと言う事実があまり伝わらない事だと思いますが、皆さんは、どう思われますか?

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

こう言った事は、今後も無くならないと思いますので、駆除では無く、共存の糸口を見つけるように、より根本的な所を改善する必要が有ると思います。

 

人気男性アイドルグループの看板番組のように、やたらと悪者扱いする企画自体は、ちゅるりんは(大)嫌いです。

だって、「自分のエゴで連れて来て、増えて問題が表面化したから駆除しよう」と言う企画なのに、同番組内の他の企画では、無人島に家を作ったり、釣りや漁で魚を食べ、その場所に元々無かった物を植えるのですから、「やってる事は変わらない」と思うんです(意地悪かも知れないけど)

 

実際問題、野生化してしまったアライグマによる被害は深刻な物だと思いますし、直接被害に遭われている人がちゅるりんの親族に居た場合、「どうしたら良いのか?」を人間側の都合で考えてしまうと思います。

「じゃあ、広島県竹原市のうさぎ島(大久野島)のうさぎも駄目なんじゃ無いの?」と言う疑問も出て来てしまいます。

 

「うさぎ島」のうさぎは、「アナウサギ」で、外来種の一種です。

「うさぎは可愛いけど、アライグマは暴れるから駄目」的な、日本人の悪い所が浮き彫りになるだけですね。

 

 

駄目ですね。冷静にならなくちゃですね。

今日は、野生のアライグマが増えた原因について気になって眠れそうにありません!

 

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

野生のアライグマが増えた原因

ちゅるりんは過去に野生のアライグマを見た事が有ります。

その時、丁度、たぬきや猫、鳥と一緒に居たのですが、気性が荒くて攻撃的、フェンスを登って糞等をする等で建物の腐食や損傷が進んで困っていると聞いた事が有ります。

 

鮭とか魚の「アラ」をあげているお婆ちゃんが居ましたので、たぬきを撫でようとした時、「それ、アライグマやからアカンよ!」と強く言われたのを覚えています。

それ位、アライグマは強いと言う印象が有ります。

 

調べてみると、知能も高く、夜行性ですので、人間が気がついた頃には、農作物を器用に荒らされ、家畜用の肥料までも荒らされてしまうと言われています。

アライグマは雑食性ですので、漁師さん、魚屋さん、養魚場までもが被害に遭っていると言われていますし、日本の在来種の生物も標的になっていますので、より問題になり易いと言われています。

 

ここで疑問になるのは、「何故、急にアライグマの問題が話題になったのか?」と言う事だと思います。

突然ですが、「アライグマのラスカル」と言うアニメは、ご存知でしょうか?

 

ちゅるりんは世代が全く違いますので、再放送やキャラクター関連商品でしか「ラスカル」は知りませんが、この作品が放送された1970年当時、日本国内のアライグマは、動物園等の限られた場所にしか生息していませんでした。

今年、2017年ですので、「アライグマのラスカル」によるアライグマブームが始まってから、40年以上経過した事になりますが、その間にも爆発的に繁殖していた結果だと思います。

 

もしかしたら、日本の野生のアライグマの元を辿れば(たどれば)、殆どが同じ祖先の可能性も有ります。

また、アライグマが爆発的に繁殖出来た背景には、高い繁殖能力も関係しています。

 

野生のアライグマの寿命は2〜3年だと言われていて、メスは、1歳頃から繁殖が可能になり、ペアリングが上手く行けば、毎年平均して3〜4頭位は出産していると言われています。

更に、日本では、アライグマの天敵になるような生物は少なく、「ねずみ算式」に増える結果になりました。

 

結局の所、悪いのは、「生命」を軽く捉えてしまっている人間です。

アライグマに限らず、もし、共存したいと思うのであれば、最後まで責任を持って人生を共にする覚悟は必要だと思います。

 

「ペットを飼う」と言う考え自体が、慢心と言うか、駄目なんだと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ