香川愛生の経歴と「番長」と呼ばれる理由って?

スポンサーリンク

香川愛生さんは、「可愛すぎる」シリーズの女流棋士さんです。

趣味が将棋だけあって、将棋漬けの毎日が楽しいと話されていますね。

 

話題の藤井聡太さんもそうですが、これからも、何となく難しそうな将棋の世界を大きく盛り上げてくれそうですね。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

将棋と言うと、あらゆる手を想定して何十手も何百手も考えるそうですね〜

香川愛生さんは、室谷由紀さんをライバル視していると言われていますので、凄く可愛らしい顔とは違い、メラメラと闘志をわかせるタイプなのかも知れません♪

 

今後、香川愛生さんと室谷由紀さんの戦いが楽しみで仕方有りませんね!

今日は、香川愛生さんの経歴やあだ名の由来ついて気になって眠れそうにありません!

 

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

香川愛生さんの経歴に関して

東京都柏江市出身で、東京都立神代高等学校を卒業後、立命館大学付属部に入学し、卒業されています。

神代高等学校は、「神高(じんこう)」と呼ばる事が多く、小説家の「賀東招二」さんや「高橋三千綱」さん、漫画家の「宮下あきら」さん、「久住晶之」さん達がご卒業された高校としても有名ですね。

 

「賀東招二」さんは、「フルメタル・パニック」「ドルアーガの塔」「らき☆すた」「涼宮ハルヒシリーズ」の脚本等を手掛けた方です。

ちゅるりんは、そこまで詳しく無いのですが、それでも、聞いた事が有る作品ばっかりですね。

 

「高橋三千綱」さんは、「Dr.タイフーン」「ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病」「投資家の父より息子への13の遺言」等を手がけ、「九月の空」が芥川賞を受賞しています。

「宮下あきら」さんは、「男塾シリーズ」で有名な方で、ちゅるりんのお父さんが好きなので、知っていますが、濃い漫画すな〜(笑)

 

「久住晶之」さんは、「孤独のグルメ」で有名ですね。

香川愛生さんは、神代高等学校初のプロ棋士という事で良かったのですね?

 

立命館大学卒業の有名人は、もはや説明の必要は無いと思います。

やや偏りがちですが、「岡村隆史」さん「高橋茂雄(サバンナ)」さん「倉木麻衣」さんが、立命館大学卒業で有名ですね。

 

立命館大学卒業後、本格的に棋士を目指されたのは、2005年頃だと言われていて、プロ入りされたのは、2008年頃、何と15歳の若さで、過酷なプロ棋士の世界に飛び込まれたのですね!

ちゅるりんが、15歳の頃は・・・(笑)

 

香川愛生さんのあだ名が「番長」の理由

こんなに可愛らしい香川愛生さんのあだ名が、「番長」だと言われている事に驚いたのは、ちゅるりんだけでは無い筈です!

今は有名人ですが、昔、「ニコニコ動画」に出演されていた際、アンケートで「番長」と呼ばれたのが広まったキッカケみたいですね。

 

もちろん、急に誰かに名付けられた訳では無く、棋士に向いた「勝ち気な性格」ですので、将棋の先輩方から、「番長」と呼ばれていたみたいです。

香川愛生さんは、そこまで「番長」のあだ名を公言していた訳では有りませんが、番組で共演されていた方に、言っていた事が広まったと言われています。

 

最近では、「ギャップ萌え」が流行っていますので、あの可愛らしい容姿に「番長」のあだ名が、マッチしたのでしょう♪

これから、バラエティー系の番組に沢山出演される機会が有ると思いますが、「番長」でいじられそうです〜

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ