エルサゲート動画とは?YouTubeの見分け方と防止法

スポンサーリンク

エルサゲート動画は、どうしても、子供が泣き止まない時や「猛烈構ってモード」に入ってしまった時、いつも通りにユーチューブとかで、あやしてあげると思いますが、子供向け動画を再生している時に、明らかに恐ろしい動画や成人向け動画が再生されてしまう現象の事です。

もちろん、以前と同じ動画を再生するのでしたら問題は無いのですが、

 

「もう、この動画は飽きて来たのかな〜。いつもと違う動画を再生しよう!

あっこれ、サムネイル画像がアンパンマンだから、◯◯君に観せてあげよう♪喜んでくれるかな〜」

 

と言う感じで再生すると、明らかに子供には見せられない内容の動画が流れだし、子供の精神に深刻なダメージを負ってしまうと言う問題です。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

ちゅるりんは、従姉妹の赤ちゃんが泣いている時、「ムーニーちゃん」や「タケモトピアノ」のユーチューブ動画を見せてあげる事が有りますが、もし、エルサゲート動画だったらどうしよう!って思って、動画を早送りにして確認するようにしています。

もし、エルサゲート動画に当たってしまって、「トラウマ」になってしまったら、本当に申し訳無いですからね(。>﹏<。)

 

今日は、エルサゲート動画の情報と見分け方、防止法について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

エルサゲート動画の情報と見分け方、防止法について

元々は、「アナと雪の女王」の「エルサ」から来ていますが、海外で「エルサ」と「スパイダーマン」が登場し、変なコント的な物をやっている動画が、何十億再生もされた事から、「エルサゲート」と呼ばれるジャンルになりました。

「こんな、子供に人気の有るキャラクターが、奇妙で奇抜な事をしている動画をユーチューブにアップすれば・・・へへへ」と言う、迷惑極まりない人達が爆発的に増え、今回の社会問題に発展してしまいました。

 

分かりやすい例を言うと、「アンパンマンがドキンちゃんに乱暴する」「子供っぽい粘土人形が、SAWみたいな残酷映画と同じようにバラバラにされる」「スパイダーマンが、人を蹴ったりする」等ですが、精巧に作られていますので、ちゅるりん達が観ても気持ち悪くなります。

もちろん、ユーチューブ側も去年2017年後半からエレンじゃ無くて、YouTubeが、「全部駆逐してやる!」とばかりに頑張ってくれているので、減って来てはいると言われていますが、まだまだ残っているみたいです。

 

自分で勝手にユーチューブを観てしまう場合は難しくなるのですが、「関連動画の自動再生」はオフにした方が良いと思います。

見分け方は、基本的に子供では出来ないようになっていて、サムネイル画像が人気アニメキャラ、エルサゲート動画の登場キャラもそのままです。

 

ただ、キャラはそのままなのに、内容が明らかに非人道的な内容だったりします。

また、ぬいぐるみや粘土、途中までアニメ動画を使用した物まで存在しますので、ちゅるりん達も再生してみないと「エルサゲート動画かどうか?」の判別が難しかったりします。

 

あと、ちゅるりんもやっているのですが、動画再生前に、再生カーソルをグイっと動かして、変な動画に切り替わっていないかどうか?等は確認した方が良いと思います。

「何で、こんな酷い事をするの?」と思いますが、結局は、「動画再生時間や回数を増やしたいだけ」で、子供がターゲットになってしまったり、「シュール」なネタを売りにしたユーチューバーが居るからだと言われています。

 

ターゲットが、シュールな笑い、子供ですので、「キッズ〜」「みんなの〜」「たのしい〜」「〜おにいさん」「〜おねえさん」等も例外では有りません。

「子供番組っぽい名前だから大丈夫!」と断言する事は出来ませんので、本当に注意して下さいね。

 

結局の所、「無料動画だからリスクは有る」と言うのが正直な所らしく、親が確認した事が有る動画以外は観ない事、自分で動画再生させない事、他の会社が運営している有料動画サイトを選択するしか有りません。

あとは、自分で「お気に入りリスト」を作成し、それだけを再生すると言うのも一つの方法だと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ