F35戦闘機の価格っていくら?日本の飛行機との価格差についても

スポンサーリンク

アメリカからF35戦闘機の購入を促され、42機を購入する事が決まりそうな事が話題になりましたね。

少し規模感が違うかも知れませんが、知り合いの中古車屋さんを思い出しました。

 

中古車屋さんは、新車の大手ディーラーの下取りした車を格安で大量に譲って頂くのですが、その為には、その仲の良いディーラーから、結構な数の新車を購入しなければならない暗黙のルールが有るみたいです。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

F35もそうですが、戦闘機の価格って、全然分かりませんよね。

車やクルーザーは、高いのは何千万円もしますし、それだけでも凄過ぎると思いますが、比べ物にならない位高そうですよね。

 

一緒乗る機会は有りませんが、今日は、F35戦闘機の価格について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

F35戦闘機の価格

ステルス戦闘機の一つで、アメリカ「ロッキード・マーティン」が開発しているみたいです。

戦闘機マニアの中では、「JSF」と呼ばれる事も有り、「あぁ、JSFの事ね」と言うと、それっぽい人に見えるかも知れませんな(笑)

 

ちなみに、「JSF」は、Joint  Strike  Fighterの頭文字からみたいです。

2017年2月時の価格は、F35Aと呼ばれる第5世代機の価格で言うと、157億円位だと言われています。

 

まず、ちゅるりんでは想像も出来ないような価格ですが、最終的には、1機当たりの価格は、146億円位にまで「大幅値下げ」して頂いたみたいです。

今回は、42機購入しますので・・・・

 

最終的には、もっと上がりますが、本体価格+諸経費との事で、諸経費も本体価格と同じ位の価格になるみたいです。

この価格が原因で、F35戦闘機は、「最も高価な戦闘機」と呼ばれるようになりました。

 

よく話題に上がる「オスプレイ」の価格は、1機当たりの本体価格は、100億円みたいです。

まあ、F35とオスプレイでは、用途や大きさが全く違うみたいですが。

 

日本の自衛隊が保有する

●F−2支援機は、1機119億2233万円

●ホークアイ早期警戒機は、1機99億4050万円

●ボーイング767輸送機は、1機246億5400万円

位だと言われています。

 

ちゅるりん達一般市民が利用出来る旅客機の価格は、

●プロペラ旅客機で10〜25億円

●ジャンボ機で190〜250億円

●中型旅客機で150億円

位だと言われています。

 

よく、高いと言われいる

●ランボルギーニで3500万円

●フェラーリで3500万円

 

芸能人とかも乗っている自家用小型ヘリコプターで、3000万円から!

 

せ、世界が違うぜ(´・ω・`)

給料明細みたら、愕然とするですん。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ