Facebook拡張ツールバックの強制ダウンロード被害対策

スポンサーリンク

「Facebook拡張ツールバックを取り付けて安全性及び使用流暢性を向上します」と言うメッセージを表示させ、強制的に悪質なツールをダウンロードさせようとする被害が増えているみたいです。

原因は、「ロジテック製の特定のルーター」を使用しているのかどうか?が関係しているみたいです。

 

「ロジテック製の特定のルーター」は、以前から外部から攻撃されているらしく、「Mirai」と言うウイルスに感染してしまい、「プライマリDNS」「セカンダリDNS」が改変されてしまった事が原因で起きています。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

警視庁が危険視する程の非常に悪質な手口ですが、解決する方法は色々と有りますので、是非参考にしてみて下さいね。

特に今回は、ルーター自体が有害なウイルスに感染していますので、ホームページで有害なサイトにアクセスしたり、悪質なメールを開いたと言う訳では有りませんので、混乱してしまった方も多いと思います。

 

今日は、Facebook拡張ツールバックの強制ダウンロード被害対策について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

Facebook拡張ツールバックの強制ダウンロード被害対策

今回、マルウェアの「Mirai」(厳密に言うと亜種)に感染してしまった特定のルーターの機種は、

▲LAN−W300N/R

▲LAN−W300N/RS

▲LAN−W300N/RU2

です。

 

また、

▲該当機種のシリアルナンバーの末尾が「B」

▲ファームウェアのバージョンが「2.17」

(「ファームウェア」とは、周辺機器の基本動作を制御する目的で使用されるプログラムの事です)

 

当然、1番簡単で確実に解決する方法は、「ロジテック製のルーター」以外のルーターを使用する事です。

次に有効的な方法は、ルーター自体のアップデートを行う事、パスワードの変更です。

 

他には、「Mirai」と言う悪質なウイルスに感染して改変されてしまった「プライマリDNS」と「セカンダリDNS」を自分で書き換える方法も有ります。

少し面倒に感じてしまうかも知れませんが、下記でも紹介しているロジテックの公式サイトへアクセスし、「検索」に型番を打ち込むか、マニュアルに従って操作してみて下さい。

 

殆どの場合、書き換えられている「プライマリDNS」と「セカンダリDNS」を空欄の状態にする事で改善出来る筈です。

ロジテック公式サポートページ>>http://www.logitec.co.jp/support/

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ