樋浦敬子の読み方と画像、経歴と目的について【Jアラート】

スポンサーリンク

樋浦敬子さんが、「Jアラート(全国瞬時警報システム)」の訓練中止を呼びかけている事が話題になっていますね。

確かに、中止を要請する理由と見ると、「いたずらに恐怖心を煽り、合理的に説明出来ない行動への協力、市の避難行動についても協力をあおいでいるから」等ですので、共感出来る人も多いかも知れませんね。

 

ただ、「Jアラートが、外敵を作り、戦争やむなしの感情を抱かせる」と言うのは、偏り過ぎな気も・・・・

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

樋浦敬子さんのJアラート訓練の中止要請も理解出来るには出来ますが、会社とかでやる防災訓練と同じように、何か起こった時にパニックが起き、「何で訓練しなかったんだ!」と怒り狂うのは目に見えています。

ですので、「やった方が良い事は、全部やっておこう」と言う考え方じゃ駄目なのかな?って思いますが、皆さんはどう思われますか?

 

今日は、樋浦敬子の読み方と画像、経歴と目的について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

画像写真左の女性です。

 

樋浦敬子の読み方と画像、経歴と目的

樋浦敬子と書いて「ひうら けいこ」さんと読むみたいです。

元高校教師の方で、現在は

●「神奈川県高等学校教育会館県民図書館」の室長

●「藤沢市のJアラート訓練に抗議する藤沢市民の会」の代表

●「藤沢の教科書、採択問題に取り組む会」

●「こどもたちの未来@ふじさわ」

●道徳講師

等も務められているみたいです。

 

今回、Jアラート訓練中止要請をされていますが、以前は、中学教科書が分かりにくいとして、藤沢市議会への意見陳述、日朝間の真の和解と平和を求める緊急声明等もされているみたいです。

公式ツイッター等を拝見させて頂くと、色々な抗議活動をされた経歴だけでは無く、思想的な活動もされているみたいです。

 

ちなみに、Jアラートが無いとどうなるか?と言う話は多いのですが、仮に、大きなミサイルが通過したり、墜落してしまった場合、建物が破壊されてしまったり、衝撃等でガラスが割れたりします。

それに、常にスマホ片手で移動している人ばかりでは有りませんので、ミサイル等が落ちる場所周辺に向かっている人も居るかも知れません。

 

そのような状況で、Jアラートが無いとどうなるか?は、誰でも簡単に想像出来ると思います。

何も知らないまま、爆風に巻き込まれたり、建物の倒壊、吹き飛んで来るガラスの被害に遭う可能性がグッと上がると言う事です。

 

Jアラートの場合、人工衛星と市町村の防災無線を利用していますので、ミサイルが発車された事が確認されてスグに教えてくれます。

ちゅるりんは、有った方が良いと思いますが・・・・・

 

今回の件で、藤沢市全体のイメージが悪くならない事を祈ります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ