インスタグラム(Instagram)のrateとdescribeについて!

スポンサーリンク

インスタグラム(Instagram)のストーリーの投票には、「rate」「describe」の表示が有り、一瞬、「ナニコレ?」ってなると思います。

そもそも、何の為の機能かどうかも分からないから、「そっとしている(スルー)」と言う方も多いみたいですね。

 

「rate」は評価、「describe」は表現と言った感じのニュアンスですが、少しだけ使い方が違いますので、簡単な違いを知って、違いが分からない事で困っている人に優しく教えてあげて下さい(笑)

でないと、せっかく、一手間加えてまで投票してくれた人が可哀想ですからね。

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

大手メーカーとのスポンサー契約等が必須だと言われていますが、インスタグラム(Instagram)だけで生活している人も居るみたいですね。

 

ちゅるりんもやっていますが、個人フェイスブックやツイッターと同じような使い方しか出来ませんので、現在は写真保存庫みたいになっとります(´・ω・`)

今日は、インスタグラム(Instagram)のrateとdescribeについて気になって眠れそうにありません!

 

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

インスタグラム(Instagram)のrateとdescribeについて!

「rate」は、単純に評価してくれているだけですが、「describe」の場合、「私は、評価だけじゃ無くて、ちゃんとしてメッセージを贈ってあげたい!」と思ってくれていて、比較的短めのメッセージを贈ってくれていると言う事です。

簡単に言うと、ストーリーに対して評価してくれている場合が、「rate」、短めのメッセージを贈ってくれている場合が、「describe」です。

 

あと、ストーリーは、投稿後24時間前後でプロフィールから外れてしまいますが、ずっとプロフィールに残しておきたい場合、「ハイライト」を使用すると良いと思います。

ストーリーをハイライトにする場合

▲プロフィール画面

▲自己紹介文の下に表示される[+]を選択

▲アーカイブに保存されたストーリーを選択

で可能です。

 

表示される時は、丸いアイコンで表示されていますが、選択すると普通のストーリーとして表示させる事が可能です。

もちろん、ハイライト出来るストーリーは1種類だけでは無く、数種類選べますよ。

 

ハイライトしたストーリーを編集や削除したい場合、「長押し」で可能です。

他には、「ストーリーアーカイブ」と言う非表示に関する機能も有ります。

 

ストーリーをアーカイブした場合、「フィード」「プロフィール」等からはストーリーが外れている状態ですが、アーカイブ画面には保存されている状態です。

アーカイブは、自動的に行われている物ですので特に設定等は必要有りませんが、自動的にアーカイブされるのが嫌な場合は、アーカイブを無効にする事も可能です。

 

アーカイブを確認したい場合、プロフィール画面の上辺りに有る「時計マーク」を選択して確認する事が可能です。

「シェア」を選択すれば、再度ストーリー投稿も可能です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ