治郎丸(焼肉)の新宿本店に行った感想、メニューや部位名

スポンサーリンク

治郎丸は立ち食い形式の焼肉屋さんで、メニューも毎日のように変わるみたいです。

お客様の回転も早く、「美味しい肉を少しだけ食べたい人」「色々な種類の肉を食べたい人」「肉だけ食べたい人」も満足出来ますし、女性客も多い印象♪

 

日本全国の和牛を網羅していると言っても大丈夫な位豊富な産地の牛肉を使用しているのが特徴で、眺めているだけでも楽しいです。

基本的に「A4ランク」もしくは「A5ランク」のお肉が中心で、注文すれば、目の前で切ってくれるのが特徴です。

 

値段の事を考えると薄くて小さい肉が出て来ますが、不満であれば、値段を少し上げて「厚切り」にする事も出来るみたいですよ(*´ェ`*)

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

色々な部位や産地名が、お寿司屋さんみたいに木の札に書かれていますが、ちゅるりんは、新宿本店に行った時は、イマイチ肉の部位が分からなかったので、今度は少し勉強してから行きたいです!

でも、店員さんに質問すれば、かなり真剣に細かく説明して頂けますので、肉を全然知らない人でも大丈夫かなって思いますが、店舗や店員さんによるのかな?

 

今日は、治郎丸(焼肉)の新宿本店に行った感想、メニューや部位名について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

治郎丸(焼肉)の新宿本店に行った感想、メニューや部位名

ホルモンも用意されていますが、肉同様に日替わりに近い状態です。

立ち食いですし、お店も狭いので、正直ゆっくり落ち着いて食べる事は出来ません。

 

肉自体は、1枚50円〜300円程度ですので、数千円程度で満腹になる筈です。

テレビとかでも取り上げられる事が多く、平日の12時過ぎ位に治郎丸新宿本店に行ったちゅるりんも、少し並ばされました。

 

お店を出た位でも、列が減っている気配が有りませんでしたので、開店直後に行くのがベストですかね。

当然、荷物が多いと蹴られたり舌打ちされますので、大きめのバッグやリュックサック、旅行カバンは危険です(イス持参は論外・旅行カバン椅子化も駄目)

 

ちゅるりんは、スーツだったのですが、一撃でアウトになりますので、あんまり高い服は微妙かも知れません。

あと、店内も清潔感にやや欠けていますので、スッと入って美味しい肉を食べて出るのが良いかも知れませんね(´・ω・`)

 

確か、ホルモンや飲み物は無しで肉を全種類食べたとしても、1万円〜1万5000円以内で収まる位リーズナブルです。

治郎丸新宿本店は、東京都新宿区歌舞伎町1丁目26−3に有り、「西武新宿線 西武新宿駅」が最寄り駅で、南口の目の前です。

 

南口出口前のセブンイレブンから並んでいる人が沢山見えたら、覚悟が必要かも知れません。

( ゚Д゚)←行列を見るとこんな顔になります(笑)

 

他の公共交通機関は、「都営地下鉄大江戸線 新宿西口駅」「東京メトロ丸ノ内線 新宿駅」「JR中央線 新宿駅」も近いみたいですよ。

昼の11時から翌朝の5時まで営業されていて、年中無休みたいです。

 

GoogleMapsも貼っときますね(*´ڡ`●)


もし、治郎丸に行く時は、事前に肉の部位を把握しておくと、知らない人の何倍も楽しめる事が出来ると思いますよ。

 

 

画像は松阪牛の長太屋公式サイトより

 

●タン(高級・サッと焼いて塩で)

●肩ロース(リブロースより少し硬めで味が強い)

●ザブトン(高級・高級カルビ肉・極上の味わい)

●リブロース(全てのバランスが良い)

●かぶり(高級・きめ細かい霜降りが特徴・柔らかい)

●サーロイン(全てのバランスが良くてリブロースより美味しい)

●ランプ(柔らか・脂殆ど無し・さっぱり)

●イチボ(1番霜降りが多いモモ・味等が独特)

●前バラ(硬いが噛む程に味が出る)

●三角バラ(高級カルビ肉・脂多い割に味も良い)

●バラヤマ(肋骨間・脂かなり多め・ギトギト)

●ヒレ(柔らか・脂少なめ・さっぱり)

●マル(程よい霜降り・最上級モモ)

●内モモ(脂殆ど無し・肉の味)

●テール(煮込み・硬くて味が濃い)

●トモサンカク(高級・高級モモ肉)

●ウデ(すき焼き肉・脂殆ど無し・さっぱり)

●ハラミ(霜降りのバランスが良く、高級焼肉に多い)

●サガリ(高級・少し少なめの霜降り・ハラミより上品な味)

●中バラ(簡単に言うと上カルビ・脂やや少なめ・香りが良い)

●カイノミ(高級・柔らかくて味もしっかり)

●ミスジ(高級・見つけたら即注文・上質でバランスが良い・ウデ肉)

●外バラ(カルビ・脂多め・香りが良い)

●フランク(高級・通好みの・外バラ近く)

●外モモ(肉本来の味・しっかり噛みたい人向き)

●スネ(煮込み用)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ