上七軒歌舞練場のアクセスと駐車場、見学方法等(地図有)

スポンサーリンク

上七軒歌舞練場は、周辺の芸舞妓さん達が集まる場所としても有名で、「北野をどり」の時期になると、テレビとかでも取り上げられる事も有りますね。

北野天満宮からも近く、「北野天満宮のついで」に来る外国人観光客の方も多く、カメラ片手の方も多い印象です。

 

結構、「静か」と言うか、「北野をどり」以外の時期は、観光客も少ない印象ですが、周辺には飲食店も有りますし、ちょっとしたお土産に良さそうな小物屋さんも有ります。

ただ、、小物屋さんに関しては、海外の方、遠方から来られた方向けなのかな?って感じでした。

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

ちゅるりんが北野天満宮と上七軒歌舞練場に行った時、「上七軒」の由来を北野天満宮の人に教えて頂きました。

 

北野天満宮の再建が行われた室町時代頃、残った材木等を仕様して七軒のお茶屋さんを建築した場所だから、「上七軒」と呼ばれるようになったみたいですが、今は、7軒以上有りますよ(笑)との事です(*´ェ`*)

更に、今と昔では全然景色が違うらしく、昔は本当に趣が有って素敵だったみたいです。

 

今日は、上七軒歌舞練場のアクセスと駐車場、見学方法等について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

画像は公式フェイスブックより

 

上七軒歌舞練場のアクセスと駐車場、見学方法等(地図有)

かなり趣が有る雰囲気で、「何でこんなにマイナー寄りなの?」って、不思議になる位です。

石段が続き、赤い提灯や「ビアガーデン」と書かれた灯籠のような物が点在している光景は、一度見ると忘れられないと思います。

 

大人の男性からすれば、「上七軒と言えば、夏だろ?」と言う印象を持たれている方も多いかも知れませんね(笑)

上七軒歌舞練場は、 京都府京都市上京区真盛町742に有ります。

 

専用の駐車場は存在しませんので、どうしても車を利用する場合は、周辺の有料駐車場を利用する必要が有りますが、ちょっと前を通るといつも満車ですし、料金が高い場合が殆どですので、「覚悟」は必要かなって思います。

おまけに、渋滞も多い印象です。

 

どうしても、車が必要なら、少し離れた「京都ブライトンホテル」「リパーク系列」「フルーツパーク系列」の有料駐車場を利用し、タクシーを呼ぶのも一つだと思います。

まぁ、ちゅるりんのように、たまにしか京都のバスを利用しない人は、バス探しや行列、ぎゅうぎゅう詰めが苦手な人は、車かタクシーも一つかも知れませんね。

 

公共交通機関を利用する場合、色々な選択肢が有ると思いますが、最終的には、「北野天満宮前」もしくは「上七軒」で降りるのが正解です。

▲京都駅(JR) 市バス

50号・101号系統

 

▲円町駅(JR・阪急)

▲西院駅(阪急)

市バス203系統(北行)

 

▲出町柳駅(京阪)

▲今出川駅(地下鉄)

市バス203系統(西行)

 

▲四条烏丸駅(阪急)

市バス55系統

 

近い順に言うと、「今出川駅」「円町駅」「西院駅」「出町柳駅」「四条烏丸駅」「京都駅」と言う感じですが、渋滞度合いによって変わるかも知れません。

北野おどりの見学に関しては、公式サイトが1番確実ですが、JTBや近畿日本ツーリストでも取扱いされていますみたいです。

 

電話番号は0754610148で、お茶席券有りは、4800円、無しは4300円です。

昼1時半と夕方4時の1日2回位しかされませんので、「京都らしさ」を堪能するには最適かも知れませんね。

 

公式サイトは、http://www.maiko3.com/です。

あと、近くには、「老松(おいまつ)北野店」と言う有名な老舗和菓子店も有りますので、余裕が有る場合は行っておいて損は無いと思います。

 

ちなみに、「老松北野店」は、朝8時半から夕方6時までで、伝統的な和菓子を中心に販売されていて、上品な見た目と味が人気みたいですよ(*´艸`*)

GoogleMapsも貼っときますね(*´ڡ`●)

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ