神代植物公園の営業時間とアクセス方法、駐車場情報等

スポンサーリンク

神代植物公園は、東京都内最大規模だと言われていて、入園料も最大規模(笑)

利用頻度が高そうなら、年パスを購入した方が良いと思いますが、2500円(´・ω・`)

 

季節に合わせた植物が綺麗に咲いていますが、「梅」「バラ」が特に有名ですね。

インスタ映えじゃ無いですが、スマホやカメラ片手に来ている人も多く、他の植物園よりも、年齢層が低目な印象です。

 

もしかしたら、不定期かも知れませんが、入り口スグの場所では、イベントとかもされている印象で、単純に自然を楽しみに来ている人も多いです。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

温室自体は正直、そこまで広くは有りませんので、じっくりみても40分位で終わってしまいますが、その他の所は広めで、数時間位は必要だと思います。

カメラアングルとかに拘っている人は、もっとかかるかも知れませんし、土日祝や大型連休、バラや梅の見頃等は混雑すると思います。

 

特に、植物園と温室のバラは一見の価値有りと言う感じで、バラの事がよく分からないちゅるりんでも、神代植物公園のバラは、上手な人が丁寧に育てているんだろうなって事が分かります。

何よりも、何とも言えない香りが凄くて、「バラの芳香剤」とは全然違う柔らかさと複雑さが有りますよ∠( ゚д゚)/

 

今日は、神代植物公園の営業時間とアクセス方法、駐車場情報について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

画像はウィキペディアより

 

神代植物公園の営業時間とアクセス方法、駐車場情報等について

神代植物公園の営業時間は、朝9時半から夕方5時まで(入園は夕方4時まで)です。

定休日は月曜日で、場所によって無料・有料が有ります。

 

▲大人 500円 (年パス 2500円)

▲65歳以上 250円 (年パス 1250円)

▲中学生 200円

▲小学生以下 プライスレス

 

神代植物公園は、東京都調布市深大寺元町5丁目31−10に有り、専用駐車場から少しだけ歩きます。

一応、GoogleMapsも貼っときますね(*´ڡ`●)

 

 

駐車場に関しては、「神代植物公園第一駐車場」が有り、住所は、東京都調布市深大寺北町1−4です。

駐車場料金は、1時間までは300円、それ以降は30分毎に100円です。

 

24時間営業ですので、開園前に行くと混雑はマシだと思います。

特にシーズン中は、めちゃくちゃ混んでますので、出来れば、周辺有料駐車場や「調布駅」「吉祥寺」「三鷹」からバスの方が良いと思います。

 

一応、GoogleMapsも貼っときますね(*´ڡ`●)

 

 

無料でも楽しむ事も出来る場所も有りますので、本当、気軽に遊びに行きたい人、近くの「深大寺」のついでに散歩したいだけの人も多いと思います。

もし、「寺巡り」「蕎麦」とか好きでしたら、神代植物公園の奥側を超えれば、「深大寺」も有り、蕎麦が有名ですよ。

 

ちゅるりんは時間的に食べられなかったのですが、かなり美味しそうな感じです。

結構、バスから神代植物公園に来ている人も多く、少し離れた「調布駅」からバス「神代植物公園行き」が色々出ています。

 

道の混み具合にもよると思いますが、バスから神代植物公園までは、20分以上はみておいた方が良いと思います。

他には、「吉祥寺」「三鷹」とかからも出ていますね。

 

▲京王線を使用する場合

「調布駅」から「小田急バス吉祥寺駅」か「三鷹駅」

「京王バス深大寺」

「つつじヶ丘駅」から「京王バス深大寺」

 

▲JR中央線を使用する場合

「三鷹駅」か「吉祥寺駅」から「小田急バス調布駅北口」か「深大寺」

 

※基本的に「神代植物公園前」か「神代植物公園」がゴールです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ