丸健水産(赤羽)メニューと料金!おでんの持ち帰りは?

スポンサーリンク

丸健水産(赤羽)は、かなり男らしい雰囲気の立ち飲みのおでん屋さんで、行列が途切れる事も無く、店内の混雑具合も結構凄かった気がします。

完全にノリや雰囲気を楽しむお店ですので、酔っぱらいオヤジからの質問責めとか、ガヤガヤが苦手な人は、違うお店の方が良いとは思います。

 

基本的に会社の同僚とか友達同士、大学生、結婚生活も長くなって来た夫婦が多い印象です。

でも、デート客も居ますので、有りなのかな?

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

ちゅるりんは、丸健水産(赤羽)で、初めて「出汁で割ったワンカップ」に遭遇しました。

 

ニコニコ顔のオジサマが、ワンカップ片手におでん前の赤バンダナの店員さんの元へ、店員さんは当たり前のようにワンカップへ「おでん出汁」を投入・・・・ニコニコ顔のオジサマは飲みながら元の場所へ。

かなり衝撃的でしたね(´・ω・`)

 

次の日の朝は早く、その日は食事だけでしたが、次に行く予定があれば、「出汁割りワンカップ」に挑戦してみたいと思います!

今日は、丸健水産(赤羽)メニューと料金!おでんの持ち帰りは?について気になって眠れそうにありません!

 

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

丸健水産(赤羽)メニューと料金!おでんの持ち帰りは?

完全に他のお店が閉まって閑散としている商店街の一角に丸健水産(赤羽)は有ります。

メニューはおでん屋さんらしく、練り物から野菜、肉等バランス良く用意されています。

 

おでん出汁もかなり美味しかったです。

客単価は、一個70円〜280円位で、結構食べる人は1000円〜2000円位だと思います。

 

面倒な場合は、「おでんセット(800円)」が楽です。

ちゅるりん的には、何本も食べた「牛すじ(240円)」が1番美味しくて記憶に残っています。

 

持ち帰りも出来るみたいですので、並ぶのが面倒だったり、早く帰りたい時はお持ち帰りが良いかも知れませんね。

名物は「女将さん」だと言う方も多く、確かにお客様捌きが凄いの一言。

 

「ちゃきちゃきしている」と言う言葉がピッタリな女将さんに会えます。

ただ、「注意書き」と言うか、「ルール」が多いのが気になりましたが、書いて有る事は一般常識的な内容です。

 

でも、東京とは思えない位の「関西出汁」だと思いますが、赤羽周辺のおでん業界は「関東出汁」では無いんですか?

特に女将さんか店員さんに急かされると言う事は有りませんが、立ち飲みですし、かなり並んでいますので、サッと食べてサッと帰るのがマナーっぽい感じです。

 

飲むと足がダルくなるのか、お客様の回転は早く、入れ替わりも早い印象です。

注文は、直接おでん前の店員さんの元へ行くスタイルですので、「それとそれ、あとこれも下さい」的な注文で大丈夫だと思いますし、ちゅるりんもそんな感じでした。

 

ただ、「はんぺん」「牛すじ」は注文制ですので、好きな人は先に注文しておいた方が良いと思います。

丸健水産(赤羽)は、東京都北区赤羽1丁目22−8に有り、「赤羽駅」が最寄り駅です。

 

第3水曜日定休で、朝10時30から開店。

平日は夜9時まで、土日祝は夜8時半までみたいです。

GoogleMapsも貼っときますね(*´ڡ`●)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ