MHPS陸上部が強過ぎ!年収はどれ位?【三菱日立パワーシステム】

スポンサーリンク

MHPS(三菱日立パワーシステム)は8位入賞でしたが、次も頑張って下さいね!

それにしても旭化成の強さって凄過ぎますね〜2大会連続23回目の優勝とか、皆さんも同じ位努力されていると思いますが、この「差」って何から生まれるのでしょうか?

 

今回、ニューイヤー駅伝初出場で話題のひらまつ病院も、凄かったですね〜

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

学生の方やオリンピック選手のように、陸上の練習をメインに出来る状況では無く、仕事もしっかりとやりつつ、練習もするのですから、社会人実業団の陸上部の方って、本当に尊敬します。

ちゅるりんも、ジョギングを実践していた時期が有りましたが、仕事が終わってからって、本当に疲れると思いますし、何年も毎日モチベーションを維持しながら「継続する事」の大切さを再認識させられますね。

 

それにしても、がむしゃらに頑張っている人って、本当に素敵ですよね。

今日は、MHPS陸上部とMHPSの年収について気になって眠れそうにありません!

 

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

MHPS陸上部は何が凄い?企業の年収とかも調査

MHPS陸上部は、つい先日2017年12月23日、強豪ばかりで有名な「九州実業団毎日駅伝競走大会」で、2年連続2回目の優勝を果たし、その強さを九州だけでは無く、日本中の駅伝ファンに轟かせたばかりです。

井上選手は、ロンドン世界陸上男子マラソンに出場されています。

 

MHPS陸上部は、2017年別府大分毎日マラソンで3位と8位、2017年ニューイヤー駅伝で4位、2016年北海道マラソンでは、木滑良選手が優勝と、有名な大会では常に話題になっているみたいです。

 

正式名称は、「三菱日立パワーシステムズ株式会社三菱日立パワーシステム長崎マラソン部」が正式みたいですので、非常に長いですね(現在は、「長崎」部分だけが取れてしまいましたが)

MHPS陸上部にして頂いて、本当に有難う!って感じです。

 

MHPSの年収は、所属している職業によって違うと言われていますが、MHPS全体の平均年収は、740万円位だと言われています。

職業としては、「営業」「企画事務管理」「ITエンジニア」「電気電子機械エンジニア」「建築土木エンジニア」「その他(?)」が存在しているみたいです。

 

各平均年収に関しては、営業で730万円、企画事務管理700万円、ITエンジニア900万円、電気電子機械エンジニア780万円、建築土木エンジニア680万円、その他(?)が450万円位だと言われています。

MHPS自体は、三菱重工業と日立製鉄所の火力発電事業統合会社の一つで、比較的知名度が低い理由は、未上場と言う事も関係していると思います。

 

「火力発電」に関しては、世界3位で、「タービン」「ボイラー」「プラント・エンジニアリング」を主としているみたいです。

えっと、ざっと言いましたが、ちゅるりんは、「ボイラー」以外分かりませんでした。

「タービン」は、液体の持っているエネルギーを機械的動力に変換する回転式の原動機の事を意味しているらしく、MHPSのように、火力発電に特化している会社であれば、火力発電所で使用される「蒸気タービン」の事を意味していると思います。

 

「プラント・エンジニアリング」は、生産設計の設計、管理を専門に行う技術者の事を意味していると言われていますので、MHPSであれば、火力発電に関する生産設計と管理だと思います。

毎年、凄い盛り上がりですね。

 

ちゅるりんもジョギングを頑張ります(笑)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ