森麻季の再婚相手、森健一の画像と経歴【ムーミン社長】

スポンサーリンク

森麻季さんが、同姓の森健一さんとご結婚されましたね♪

今日は、菊地亜美さんの結婚報道も有りましんたが、やっぱり、幸せな恋愛話って、聞いていて気持ち良いですね〜まぁ、小泉今日子さんも幸せなら良いのかな?

 

今回の再婚発表で、森健一さんが、実名報道はされず、「年商50億のムーミン社長」と発表されていましたが、ここまで有名な方であれば、「一般男性」と言う訳でも有りませんので、別に良いような気もしてしまいます。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

著作権等の「権利系ビジネス」は、いつの時代も強いですよね。

ちなみに、「年商」は、その会社の1年間の総売上高の事で、社長個人の手取り「年収」とは違います(まぁ、年収も凄そうですが♪)

 

今日は、森麻季さんの再婚相手、ムーミン社長こと森健一さんの画像と経歴について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

画像はツイッターより

 

森麻季の再婚相手、ムーミン社長こと森健一の画像と経歴

森健一さんが社長を務めている会社は、「株式会社タトル・モリ・エージェンシー」と言う著作権の仲介業を営む会社です。

「ムーミン社長」と呼ばれる理由は、「ムーミン」の著作権の全てを所有している会社だからです。

 

少し前に「もしドラ」が流行ったと思いますが、「ピーター・ドラッガー」の全ての版権も取得されていますので、「ムーミン」の関連商品が売れる度に、「株式会社タトル・モリ・エージェンシー」に著作権使用料が入り、その中の一部のお金が「ムーミン」側に支払われます。

もっと、ちゅるりん達の分かりやすい所で言うと、カ、音楽系の著作権を扱う「JASRAC(ジャスラック)」に近いのかも知れませんね。

 

つまり、「ムーミン」や「ピーター・ドラッガー」の書籍や関連商品を販売しようとする場合、「株式会社タトル・モリ・エージェンシー」から許可を得ない限り、正規で販売する事が出来ないと言う訳です。

この会社の影響力は強く、日本全体の「翻訳出版界」では、6割以上のシェアを占めていると言われています。

 

もちろん、30代の森健一社長が一から作った訳では無く、1948年にお父様が創設した会社で、「著作権エージェンシー」と言うカテゴリーの組織です。

森健一さんは、初めからこの会社を継ぐ為の教育を受けて育ったと言っても過言では無く、「慶応大学」を卒業され、アメリカ「スタンフォード大学院」を卒業されています。

 

卒業後は、アメリカのマネジメント会社(タレント)に入社され、お父様が育ったアメリカの経営を学んでいたと言われています。

アメリカのマネジメント会社で活躍されている時、お父様が体調不良になり、1998年頃、「株式会社タトル・モリ・エージェンシー」へ。

 

まるで、マンガみたいな話ですが、最初は、苦労の連続だったと言われていて、現在のような日本最大の「著作権エージェンシー」になったのは、森健一さんの功績も大きかったと言われています。

素敵過ぎる方ですね♪

 

この会社が存在するから、ムーミンが、使用乱用等から守られていると言う訳ですね。

これからは、ムーミンを見かける度に、「著作権エージェンシー」が頑張ってくれているんだなって思いそうです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ