村雨辰剛の画像と読み方、イケメン庭師になった理由

スポンサーリンク

村雨辰剛さんは、イケメン庭師として話題になっていますが、性格もかなり良く、肉体改造も趣味なだけあって、海外ゲームの主人公に出て来そうな感じです。

日中はイケメン庭師ですが、夜は悪の組織と戦う的な・・・(ごめんなさい)

 

どうしても、日本人は、自国愛が足りない人が多く、「日本オワコンやで(´;ω;`)」的な人が多いのですが、海外の人からすれば、「何て素敵なんだ!」と言う方も多いです。

皆さんどうも!ちゅるりんです♪村雨辰剛さんの活躍を機に、「海外から見た日本」についても、色々調べてみようかなって思いました。

 

 

今日は、村雨辰剛の画像と読み方、イケメン庭師になった理由について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

画像は公式インスタグラムより

 

村雨辰剛の画像と読み方、イケメン庭師になった理由に関して

「むらさめ たつまさ」と読むみたいです。

ある日突然、庭師を志して来日したと言う訳では無く、村雨辰剛さんは、スウェーデンで育ったみたいですが、英語が得意だったみたいです。

 

英語が得意な事も有り、スウェーデンとは違った環境に強い興味が有り、「なるべく違う環境や文化で過ごしてみたい」的なニュアンスの感情を抱くようになり、日本語を勉強するようになったと言われています。

村雨辰剛さんは、英語、スウェーデン語、日本語を話されますので、英語を話せるようになりたいと毎年の抱負で言ってるだけのちゅるりんは尊敬しています(村雨辰剛さん!英語、教えて下さい!)

 

厚かましさはさて置き、日本語と同時に文化等も学ばれたからだと思いますが、日本で生活してみたい!と言う憧れはいつしか、「日本人として暮らしたい!」と言う気持ちに変わっていったと言われています。

ちゅるりんは驚いたのですが、「日本人として暮らしたい!」と思い、英語、日本語、スウェーデン語が話せるようになったのが、高校生位だと言われていますので、凄過ぎませんか?

 

村雨辰剛さんが日本に来られたのは、高校卒業後で、当時はスウェーデン語や英語の教師として働かれていたみたいです(ぁああ!学びたいぜよ!)

教師として働かれている時にイケメン過ぎたのでしょう、外国人事務所にもスカウトされたようで、通訳や翻訳等の業務だけでは無く、CMやPRもされていたようです。

 

「より、日本古来の文化と関わって仕事がしたい!」と言う強い思いを抱くようになり、庭師に転職したのが、23歳で、26歳頃には、念願の日本国籍取得を達成されています。

普通、憧れ等が有ったとしても、海外旅行に行く位だと思いますが、国籍を取得して帰化されるなんて、中身もイケメンなんですね♪

 

村雨辰剛さんさんのインスタグラムで、癒されましょう!

>>https://www.instagram.com/tatsumasa.murasame/

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ