夫の小遣い月25000円(食費込み)は高い?算出方法

スポンサーリンク

夫の小遣い月25000円って高いのか?と言う話なのですが、ファイナンシャルプランナーの意見を借りると「年収による」みたいです。

「そんなん当たり前じゃん」と言う話になってしまうと思いますが、簡単な算出方法も有るみたいです。

 

一応なんですが、年収の1割位が夫の小遣いの相場だと言われていますので、夫の年収が300万円以上有るのであれば、あげても良いみたいです。

計算方法は、年収の300万の1割を出したいから10で割って、30万円。

 

30万円が、1年間の夫の小遣い、12ヶ月で割ると1ヶ月25000円と言う事になります。

でもこれって、「子供の数」「共働きかどうか?」等のような「家計」によって変わって来てしまいますよね。

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

もし、夫さんの立場であれば、現在の財政的な物を確認してあげてから「賃上げ」相談して頂きたいなって思います。

 

逆に、妻側の立場であれば、相場には左右してあげないで欲しい気もしますし、難しい所ですね(笑)

今日は、夫の小遣い月25000円(食費込み)は高いのかについて気になって眠れそうにありません!

 

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

夫の小遣い月25000円(食費込み)は高い?算出方法

ちゅるりんは結婚出来ていませんので上手く言えないのですが、プロのファイナンシャルプランナーの方の意見を見ると、年収の1割を12分割した金額が、夫の月当たりの小遣いの上限だと言われています。

生活内容によりますが、これ以上の金額を渡しているのであれば、結構カツカツと言うか、切迫してしまう可能性も有ります。

 

ちなみに、ちゅるりんの会社関係の人や結婚した友人も同じような話しをしている時が有りますが、実際はもっと少ない金額を渡して頑張って貰っている印象です。

あと、「食事」「交際費」も大きいかも知れませんね。

 

営業や部署によっては、色々な人と仕事の付き合いが必要だったりしますし、「社食」「弁当」「外食」かによって凄く変わって来ると思います。

結構、上の人で、年収も結構良い人でも、小遣い月5000円と言う方も居られますので、本当、難しい。

 

こればっかりは、夫婦の考え方や価値観によってしまうのですが、お互いに納得出来る状態に落ち着くと良いですよね。

夫的な立ち位置で考えてみると、「年収の1割か!よし、仕事頑張ろう!」かも知れませんし、「ちきしょー」かも知れません(笑)

 

ちなみに、皆さんの中でご結婚されている方は、夫への小遣いはどんな感じですか?

ちゅるりんが結婚出来たら、相場通りかな(*´ェ`*)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ