かま栄(小樽)のパンロールの通販?大泉洋が購入して絶賛

スポンサーリンク

「パンロール」は、「かま栄」の社長「佐藤公亮」さんが、1962年に開発した商品で、似たような商品も有りますが、本物では有りません。

通販で購入したい所ですが、「揚げたて」を食べて欲しいと言う事で、通販で販売する事は無いと言われています(´・ω・`)

 

もちろん、揚げたてが1番美味しいと言う事ですので、札幌にしか有りません。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

そんな事を言われると、無性に食べたくなりますね〜。

北海道以外の人からすれば、「かま栄って、小樽のかまぼこ屋さんでしょ?」って思うのですが、札幌や小樽の人からすれば、「かま栄のパンロール、食べた事無いの?美味しいよ!」みたいな感じみたいです。

 

今日は、かま栄(小樽)のパンロールの通販?大泉洋が購入して絶賛について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

画像は公式サイトより

 

かま栄(小樽)のパンロールの通販?大泉洋が購入して絶賛

元々は、「かまぼこをお菓子感覚で食べるにはどうすれば?」と思ったのが最初だと言われていて、「すり身」を「パン」で包んで揚げたと言う、「コロンブスの卵」的なエピソードが有ります。

もし、自分で作りたいなって思った場合、「すり身」「豚ひき肉」「玉ねぎ」「塩コショウ」「5ミリ厚のパン」で作っているみたいですので、ちゅるりん達は、それで我慢するしか無さそうですね。

 

ただ、パンが油を吸ってしまい、「ベチャベチャ」になりますので、蒸してから油を塗ってオーブンで加熱する必要が有ります。

それでも、かま栄さんのパンロールのように、「サクっ」とはなりません。

 

理由は、「企業秘密」らしいのですが、凄く気になりますね。

実際に小樽に有るかま栄さんの工場を見学に行けば、色々と見学出来るみたいですが、全て手作業らしいので、好きな人は是非って感じです(*´ω`*)

 

本物も「パンにすり身を乗せて巻く」「蒸す」「冷凍」「揚げる」らしく、時間が経ったり、冷めたりしたらイマイチみたいですので、行った人だけが楽しむ事が出来る味ですね。

もし、札幌やその周辺に行く事が有る方は、パンロールを購入出来る店舗が公式サイトに記載されていますので、是非ゲットしてみて下さい♪

 

閉店する店舗も有りますし、かま栄さんの工場も休みの日とか有ります(結構休みが多いです)ので、公式サイトで確認してから行くようにして下さいね。

実物は、スマホ位デカくて、216円とリーズナブルですが、結構お腹に来ますので、いきなり何個も買うのは危険みたいです(笑)

 

一応、店舗情報も貼っときますね(*´ڡ`●)

 

 

かま栄さんの公式サイトはこちらからです。

>>http://www.kamaei.co.jp/store_introduce/

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ