麗禾の読み方と顔画像、海老蔵の娘の小学校受験結果は?

スポンサーリンク

堀越麗禾さんは、十一代目市川海老蔵さんの娘さんですが、少し前に日本昔話の部舞台、「かぐや姫」に出演されたり、テレビの特集やブログ等にも取り上げられていますので、ご存知の方も多いと思います。

最近、2歳年下の弟、勸玄さんが初お目見えした事も話題になりましたね。

 

丁度、堀越麗禾さんが初お目見えした時、途中で泣いてしまい、上手く出来なかった経験が有りましたが、今回は上手く行き、市川海老蔵さんも、感動したと言われていましたね。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

奥様の件は、凄く悲しい結末を迎えてしまいましたが、姉弟共に立派に育ち、何となく風格も漂っているような気もしますね。

堀越麗禾さんは今年2018年で6歳、弟さんは4歳ですので、セリフを覚え、感情を込め、踊りまでしてしまうなんて、本当に凄いです。

 

奥様も見守られていると思いますが、しっかりと抱きしめて褒めてあげたかったでしょうね・・

今日は、堀越麗禾さんの読み方と小学校受験の結果について気になって眠れそうにありません!

 

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

堀越麗禾さんの読み方と小学校受験の結果について

読み方は「ほりこし れいか」みたいで、弟さんは、勸玄と書いて「かんげん」と読むみたいです。

「えっ?堀越」と思う方も多いと思いますが、市川海老蔵さんの本名は、堀越孝俊(ほりこし たかとし)さんと言うみたいです。

 

堀越 寶世と言う同じ読み方が出来るけど、違う漢字が使われる場合は、襲名する前の名前みたいです。

ちょっとややこしく感じてしまいますが、市川海老蔵さんは、2015年頃に本名を「堀越宝世」に変えていますが、本名に関する全ての読み方は、「たかとし」みたいです。

 

と言う事は、堀越麗禾さん、勸玄さんも、「れいか」「かんげん」の読み方は守りつつ、感じを変えるかも知れませんね♪

ちゅるりん達一般人は、折角頂いた大切な名前をコロコロと変える事は有りませんので、何となく「世界が違う」と言った感じです。

 

堀越麗禾さんは、市川海老蔵さんと同じ、青山学院の小学校受験を受けられ、結果にも注目が集まっていましたね。

まず、「通らない」と言う事が有り得ないと思いますが。

 

青山学院は、芸能人御用達と言った感じの学校で、幼稚園、初等部、中学、高等部、大学が存在しますが、一般的な大学付属学校では無い事が特徴です。

奥様も去年、2017年の6月に先立たれてしまいましたが、2年以上前から、堀越麗禾さんの小学校受験を意識し、市川海老蔵さんに受験日には仕事を入れないようにお願いされていた事でも有名です。

 

少し違いますが、松たか子さんのように幅広く活躍されるかも知れませんので、今後も堀越麗禾さんの活躍には注目ですね。

活躍される頃は多分、10年以上必要だと思いますが、その頃には、ちゅるりんも30過ぎ・・・・ヒャッハー(´;ω;`)

 

子供が出来たら、こんなに立派な小学校を受験させてあげたいので、これからも仕事を頑張ります(笑)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ