指原莉乃さんが目の手術をしたICLって?費用と病院の情報

スポンサーリンク

指原莉乃さんが、3月7日のツイッターで、「神戸神奈川アイクリニック」の「ICL」と言う目の視力回復手術をされた事を報告されましたね。

「えっ?ICLって何?レーシックと違うの?」と思う人も多いと思いますが、小さなレンズを目の中に入れて視力を回復させる方法です。

 

「永久コンタクトレンズ」とも呼ばれていて、こちらの方が分かり易いですね。

レーシックの場合は、やや乱暴な言い方をすると、角膜を切り取り、切り取った角膜を丁度良い視力になりように調整してから元の位置に戻すと言う方法です。

 

失敗した場合、再手術の回数が限られています。

それに、成功した人も多い反面、失敗した人も多いと言う事が心配されていた手術です。

 

また、世間が、レーシック自体にネガティブなイメージを持つ方が増えて来てしまったと言われています。

軽く1000万以上するレーシックの機械を維持出来なくなるクリニックも多かったと聞きます。

 

そんな、患者さんとクリニック最後の砦的な意味で現れたのが、「ICL」だと言われています。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

ちゅるりんは、コンタクトレンズかメガネ無しで生活する事が出来ませんので、レーシックやICLにも興味が有りましたが、あまりにも失敗例が多いので挫折した経験が有ります。

何事においてもそうですが、何か新しい事が生まれる場合、膨大な数の失敗が生まれます。

 

もし受けるのであれば、最低でも10年以上経過し、術後経過のデータ等が揃ってからですね。

今日は、指原莉乃さんが目の手術をしたICLって?費用と病院の情報について気になって眠れそうにありません!

 

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

指原莉乃さんが目の手術をしたICLって?費用と病院の情報

指原莉乃さんは、「神戸神奈川アイクリニック」でICLの手術を受けられましたが、モニターの可能性も有りますので、実質にご自身が負担された金額は伏せられています。

ただ、「神戸神奈川アイクリニック」は、レーシック手術を受けた方として、「井上康生」さん、「岩崎玉緒」さん、「黒田博樹」さんを「レーシック体験談」「写真」と共に公式サイトに搭載しています。

 

多分、この三人はモニターとして採用されていますので、格安にされているか、無料にされていると思います。

指原莉乃さんも、ICL部門のモニターとして採用されている可能性が有りますので、格安もしくは無料の気がします。

 

ちゅるりん達一般人が「神戸神奈川アイクリニック」でICLの手術を受ける場合、両眼で税込み68万円、乱視の場合、両目で78万円です。

現金一括払いの場合、3000円引き、遠方から来られている場合、1万円引きが可能です。

 

もし、ICLを受けてみようと思う場合、もう少し色々と調べ、考えてからでも決して遅くは無いと思いますよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ