世田谷美術館へのアクセス方法と無料駐車場の混雑情報等

スポンサーリンク

世田谷美術館の常設展示は、国内外の作品が用意されていますが、やっぱり、特別展向きの美術館かな?っと言う印象です。

理由は、公共交通機関からのアクセスが不便過ぎる気がしますし、そこまで大きくは無いからです。

 

特別展に関しては、魅力的な物が多く、いつも気になる作品展ばかりです。

丁度、今年2018年1月頃に改修工事も終わりましたので、本当に綺麗ですし、館内のナビゲーションも分かりやすく、そこまで美術の知識が無いと言う方でも安心して来る事が出来ます。

 

レストランの方が人気で入りにくいかも知れませんが、味的には結構普通な気もしますので、予約が困難であれば、有名所のレストランを選んだ方が満足感は高いような・・・・・

ちなみに、館内は写真撮影が完全に禁止されていますので、注意が必要な方も居られるかも知れませんね。

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

世田谷美術館は、世田谷区が管理している美術館なのですが、作品の配置や空間の使い方等が素敵で、管理が行き届いています。

緑豊かな自然に包まれたような美術館の外装も見事です。

 

仕事や人生の辛さを忘れさせてくれて、また来れるように頑張ろう!って思わせてくれる美術館です。

ただ、証明の色が、美術品本来の色を邪魔してしまう色(黄色)なのが気になって仕方有りませんでした。

 

今日は、世田谷美術館へのアクセス方法と無料駐車場の混雑情報について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

画像はウィキペディアより

 

世田谷美術館へのアクセス方法と無料駐車場の混雑情報等

東京都世田谷区砧公園1−2に有ります。

最寄り駅から歩きますので、車の利用が理想ですが、プロムナードも素敵で、敷地内が公園ですので、運動ついでに来るのも一つだと思います。

 

実際に世田谷美術館も1日で観きれないような作品量でも無く、通路の程や長さも良い距離ですので、気軽に芸術を楽しむ事が出来ます。

時間と体力に自信が有れば、近くに美術館や博物館が有りますので、是非楽しんで来て下さいね。

 

最寄り駅は、

 

▲東急田園都市線 用賀駅→直行バス

▲小田急線 成城学園前駅→渋谷駅行きバス砧町

▲小田急線 千歳船場駅→田園調布駅行きバス美術館入り口

▲東横線 田園調布駅→千歳船場バス 美術館入り口

 

一つ前の駅からバスへ乗り換えても、しんどさはあまり変わらないみたいですね。

比較的長い距離を歩いていても苦じゃ無い為の工夫が道にされていますので、普通の道よりは楽しいですよ。

 

と言っても、「百人一首」に全く興味が無い人からすれば、「何コレ?」って感じかも知れませんが(笑)

世田谷美術館の駐車場は、無料と有料の2種類有り、当然、無料駐車場が先に埋まります。

 

無料駐車場は、60台程しか駐車出来るスペースは無く、同敷地内の砧公園が、桜や紅葉等の見頃、大型連休中等は混雑する場合があります。

無料駐車場は、「来館者用(60台)」が有ります。

 

有料駐車場は、「砧公園有料駐車場(177台)」が有ります。

駐車料金は、最初の1時間300円、以降30分毎100円です。

 

もちろん、駐車場からの道もセンスが良い感じですので、距離の割にあっという間に着いてしまう印象です。

Google Mapsも貼っときますね(*´ڡ`●)

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ