スリーパーセルとは?工作員との違い【大阪に居るって?】

スポンサーリンク

「スリーパーセル」が、東京、大阪、ソウル等に潜伏した状態で、今、大阪が危険だと言われていましたね。

大阪にお住いの人は、それが想像上の存在だとしても、正直、気分が良くは有りませんね。

 

せっかく、オリンピックで盛り上がる中、テンションが下がる話です(´・ω・`)

「スリーパーセル」と言うと、争いが終わった事を理解していない状態で、未だに「争い真っ只中」だと思い込み、対策をしながら過ごしている人の事を意味するニュアンスで、終了後もフィリピンに30年居た「小野田寛郎」さんを連想する方も多いのでは無いでしょうか?

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

1番怖いのは、三浦瑠麗さんの「スリーパーセル発言」が原因で、日本に移住して来ている人、普通に働いている人が、一部の人に「変な目」で見られてしまったり、変な言いがかりをつけられてしまう事です。

 

確かに、三浦瑠麗さんは、それを信じて疑っていないからこその発言なのかも知れませんが、断言する要素は無いように感じますし、何故、大阪が危険だと発言したのかについても、ちゅるりん達はイマイチ理解出来ませんでした。

今日は、スリーパーセルとは?工作員との違いは?大阪に居るって?について気になって眠れそうにありません!

 

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

スリーパーセルとは?工作員との違いは?大阪に居るって?

簡単に言うと、( ゚д゚)「定期的に本国と連絡し、いつでもテ◯リストになれる訓練をしている人達が一般人として日本に紛れ混んでいるから、気をつけな!特に大阪!」と言う話でした。

「スリーパーセル」は、日本語に訳すと「潜伏工作員」の事で、一定期間以上その国で一般市民として過ごし、国や組織等からテ◯活動の指示を受けるとテ◯リストになると言う人達の事を意味しています。

 

「(国名)特殊工作員」は、特別な装備や訓練を受け、特殊な作戦に出撃する隊員の事を意味するみたいで、少しだけニュアンスが違うような気もします。

普通の「工作員」は、主に「諜報活動」のように、情報収集が主な任務だと言われています。

 

この事で、世の中の人が「スリーパーセル」よりも危険だと感じたのは、一つの都市・国籍を「テ◯リスト」と断言してしまった事、情報源が「デイリー・メール」だった事です。

考え方によるのかも知れませんが、もし、ちゅるりんが長年の夢だった海外移住が見事達成出来、海外に移住した後、移住先で、「日本人はスリーパーセルだ!」と言う妄想の域を脱しない発言がされてしまった場合、どのような気持ちがするのか?と言う事です。

 

正直、気分が悪いですよね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ