そだねーの意味って?北海道弁なのは間違い!北海道弁の例

スポンサーリンク

「そだねー」は、見事銅メダルに輝いたカーリング日本勢の女子が話していた事で話題になりましたね。

オリンピックは終わってしまいましたが、「そだねー」はまだ流行っていますので、もしかしたら、流行語大賞に輝いてしまうかも知れません♪

 

考え方や捉え方にもよるのかも知れませんが、「方言」って、可愛いですよね!

冬のオリンピックは、色白で綺麗な女性が多く、男性も素敵な人が多い!

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

務めている会社は、本当に色々な地域から来ていますので、強制的に「なんちゃって標準語」になってしまいますが、出張時に地方に行く際、「◯◯弁」を聞くと何となく癒されてしまいませんか?

 

あんまりやり過ぎると地元の方は気分を害してしまいますので、乱用厳禁ですが、どこか可愛い北海道弁について少し調べてみました。

今日は、そだねーの意味って?北海道弁なのは間違い!北海道弁の例について気になって眠れそうにありません!

 

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

そだねーの意味って?北海道弁なのは間違い!北海道弁の例

「そだねー」は、「北海道弁」だと思っていましたが、実は北海道弁では無く、標準語に近いと言われています。

「えっ?北海道弁じゃ無いの?」と思う方も居られますかも知れませんし、話題になっていますが、北海道の方が言うんですから間違いは無いと思います。

 

これが、北海道出身者の1人の意見ですが、北海道は広く、「そだねー」と言う北海道弁が存在すると言う意見が有るのも事実です。

この場合の「そだねー」は、ちゅるりん達が普段使う「そうだね」と同じ意味ですが、語尾が上がると言う違いは有ります。

 

ですので、実際に「北海道」にお住まいの人の中にも、「そだねー」が「有る派」「無い派」に別れてしまうと言われています。

ただ、「そだねー」が、「北海道の方言」として存在するのは確かなようです。

 

最後にちょっと可愛らしい北海道弁の例について少しまとめます。

▲「(食品が)痛む」→あめる

▲「青あざ」→あおたん

▲「違和感が有る」→いずい

▲「カッコつけ」→いいふりこく

▲「良いでしょう」→いいっしょや〜

▲「威張る」→えんばる

▲「正座」→おっちゃんこ

▲「引っ掻く」→かっちゃく

▲「かき混ぜる」→かます

▲「古ぼけてみずぼらしい」→がっちゃい

▲「怠ける」→からっぽやむ

▲「窶れる(やつれる)」→がおる

▲「腹が立つ」→きもやける

▲「気が強い」→きかない

▲「喋る」→くっちゃべる

▲「頑張る」→けっぱる

▲「凍りつく」→しばれる

▲「言い張る」→じょっぱる

▲「魚」→ししゃも

▲「お金」→ぜんこ

▲「言い返す」→ぼったくる

 

他には沢山有りますし、今は北海道弁を使う人も減って来ているとは思いますが、「方言」をこれからも大切にして欲しいですね(*´艸`*)

あと、「北海道弁」の中には、ちゅるりん達が普通に使っている言葉も有りましたので、「えっ?これ、北海道弁なの?」と思いました。

 

また、時間が有る時に色々調べてみたいです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ