糟糠の妻の読み方と意味、芸能界では誰?【鈴木雅之さん】

スポンサーリンク

鈴木雅之さんは、現在、2人の女性を愛しているらしく、奥様は、「糟糠の妻」とも言える存在ですが、もう1人の女性との交際を「黙認」しているらしく、「心が広い」と言う意見も有りますし、「妻が許しているのなら、ほっといたら」と言う意見も有ります。

確かに、最近は、こう言った、「人間として」のかなりプライベートな所まで見世物にして話題を集める事が増えましたね。

 

2016年頃には、デビュー30周年を迎え、松任谷由実さんとも素敵な音楽を届けてくれた事も話題になりましたね。

鈴木雅之さんと言えば「ラッツアンドスター」「シャネルズ」で有名ですが、メンバーは昔、「靴墨」で黒くして出演していたと言うエピソードが有ります。

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

糟糠の妻って、意味を知ると素敵な響きですが、初めて聞いたと言う方も多いと思います。

 

今日は、糟糠の妻の読み方と意味、芸能家では誰なのか?について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

画像は公式アメブロより

 

糟糠の妻の読み方と意味、芸能界では誰が有名?

「糟糠の妻」の読み方は、「そうこうのつま」と読むみたいです。

「糟糠(そうこう)」は、「米カス」と「米ぬか」の事を意味するらしく、質素な生活を営む人の食事だと言うニュアンスみたいです。

 

「糟糠の妻は堂より下さず」と言う句が、今回の「糟糠の妻」の元になる言葉で、「後漢書(栄弘伝)」と言う中国の歴史書に記されているみたいです。

今回、鈴木雅之さんの奥様が「糟糠の妻」と呼ばれていますので、売れない無名時代から苦楽を共にし、質素で貧しい生活を共にして来てくれた妻は、例え、売れたからと言っても、別れて捨てるべきでは無いですよ!と言う感じの意味みたいです。

 

 

確かに、糟糠の妻は、大切にしてあげて下さい。お願いしますって感じですよね。

そう言えば、細田昌志さんが書いた「ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか?」と言う書籍が存在する事を思い出しました。

 

確かに、ミュージシャンの方は、売れてから当時の彼女を捨ててしまう方が多いですね。

その書籍の中では「小室哲哉」さん、「矢沢永吉」さん、「TERU」さん、「桜井和寿」さん、「布袋寅泰」さんが、残念ながら「糟糠の妻」と別れてしまった理由について書かれています。

 

この書籍を読む事は無さそうですが、「本人らの意向だしね。仕方ないじゃん」とも思ってしまいますが、皆さんはどう思われましたか?

その書籍とは関係が無いのですが、他の芸能人の方でしたら、「玉置浩二」さん、「松方弘樹」さん、「玉置浩二」さん、「高橋ジョージ」さん、「吉井和哉」さん達が、「糟糠の妻」と別れた事が有る芸能人だと言われています。

 

でも、恋愛って、本当に難しいですよね。

ちゅるりんは結婚した事が無いので分かりませんが、周囲の話を聞いていると、「離婚」しかお互いに幸せになる方法が無い場合も有るような気もしてしまいます。

 

「理想と現実」って、なかなか・・・

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ