証人喚問の刑事訴追の恐れがあるので答弁を控えるの意味

スポンサーリンク

証人喚問の時、「刑事訴追の恐れがあるので答弁を控える」と言う言葉が出て来ましたが、ニュアンスは掴めると言う方は多いと思いますが、イマイチ分からないと言う方も多いと思います。

特に興味が有るジャンルですが、これからの時代、「自分がしっかりしないと駄目」と言う事が痛い位に思わされるようになりましたよね。

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

もっともっと大切な事を決めようとすると、違う話ばかりを持って来て、話を進めさせてくれないまま企画が白紙になったり、進まなくなってしまう・・・本当、どこの世界でも同じですね(´・ω・`)

 

今日は、証人喚問の刑事訴追の恐れがあるので答弁を控えるの意味について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

証人喚問の刑事訴追の恐れがあるので答弁を控えるの意味

「刑事訴追の恐れがあるので答弁を控える」のニュアンスは、「黙秘権を行使します。」「黙秘権によって、証言を拒否します。」と言う感じです。

この発言が出た時、周囲には警察官や裁判官等は居ませんし、何かを発言したとしても、言葉の揚げ足を取られたり、捻じ曲げて解釈されてしまうだけですので、何を言ってもちゃんと知ろうとしてくれないから、話しはしません。

 

話をするのなら、「検察官」等、ちゃんとした人の前で話しをしますよ。と言う感じです。

何故か、変な人は、捻じ曲げて解釈したがってしまいますが、「ようは、黙秘権を使いたいって事」で、「刑事訴追の恐れがあるので答弁を控える」のニュアンスは、大丈夫だと思います。

 

「刑事訴追(けいじそつい)」自体は、「検察官」が、控訴を起訴して維持している状態ですが、ニュアンス的には、「起訴」と同じ意味で理解しておいても大丈夫です。

「起訴」は、今回の件であれば、裁判所に対して検察官が請求して判決を行うように法定手続きを求める事だと言われています。

 

ご存知だと思いますが、「証人喚問(しょうにんかんもん)」は、今回の場合、国会の各議員の「百条委員会」において、証人を喚問する事を意味しています。

「喚問」自体は、国会等の公的な機関に呼び出し、問いただす事を意味しているみたいです。

 

つまり、中小企業で会社のガソリンカードを勝手に持ち出した人が居たとして、会社の会議に呼び出される事は、「喚問」とは言わないと言う事ですね(笑)

良く似た言葉に、「審問(しんもん)」「査問(さもん)」「糾問(きゅうもん)」「尋問(じんもん)」等が有ります。

 

▲審問

内閣、宮内庁、防衛庁等の行政機関等が事情等を問いただす事

▲査問

団体等が団体に属している人が起こした罪や不正を問いただす事

▲糾問

裁判所の権限で、罪や不正を問いただす事

▲尋問

裁判所の権限や当事者が、訴訟において「強制的」に返答させる事

 

最後になりますが、「百条委員会」は、議決によって設置する特別委員会の事を意味しています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ