書類や教科書、プリントに油汚れがついた場合の対処法!

スポンサーリンク

書類や教科書、プリント等の大切な紙にオイルや油等の「油汚れ」が着いて油シミになってしまう時って有りますよね?

プリントし直すと言う方法も有るとは思いますが、正直、本や雑誌等のように、出来ない状況も多々有ると思います。

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

いやいや本当、「終わった」と思う瞬間って有りますよね(笑)

 

今日は、書類や教科書、プリントに油汚れがついた場合の対処法について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

書類や教科書、プリントに油汚れがついた場合の対処法

当然、「字が有るのか?」が重要で、「サインペンやボールペン、鉛筆等で書いているのか?」と「印刷部分が無い空白部分」でしたら、前者の方が難易度は上がってしまいます。

基本的に「揮発系(きはつけい)」の溶剤を用いますので、油性水性等のインクや塗料、顔料も「ぼやけて」しまったり、「にじむ」等が起きてしまう可能性も有ります。

 

もちろん、本番前に出来るだけ同じ条件で「テスト」はしておいた方が良いと思います。

上手く行く材質の物も有りますし、溶剤を使用した後、油汚れよりも酷い状態になる場合も有るからです。

 

あと、有機溶剤を使用しますので、換気を良くしたり、外で実践した方が良いですよ。

では、使用する溶剤ですが、「シンナー」「アルコール」「除光液」が有効的です。

 

本当に少量ずつ試すように使用するのがコツで、一気にドバってかけてしまうと大変な事になる可能性が高いです。

あくまで、油汚れをゆっくりと分解させるようなイメージで、「じっくりと染み出させる」ようにする必要が有ります。

 

ですので、テッシュやコットン、綿棒等で一箇所ずつ丁寧に行って下さいね。

仕上がって完全に有機溶剤が乾いた後、書類や教科書、プリント等がシワシワになってしまう事が有ると思います。

 

この場合、タオルを一枚挟んで直接当たらない状態にしてから「アイロン」をあてると良いと思いますよ。

ただ、書類や教科書、プリント等の材質によっては、熱で変色や劣化が起きてしまう場合が有りますので、油汚れを落とした時と同様に「テスト」を行って下さいね。

 

「シンナー」「アルコール」「除光液」は、100円均一やホームセンター等で入手可能です。

どれも揮発性が高いので、長期間放置するとドロドロになってしまったり、変質してしまう恐れが有ります。

 

特に使う予定が無いのであれば、ごく少量ずつ購入するようにして下さいね。

火事に繋がる可能性も有りますので、危険です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ