椿隆之の画像と現在、顔の怪我は大丈夫?犯人の名前と詳細

スポンサーリンク

椿隆之さんが大変な兄弟に巻き込まれてしまい、「ギャグマシーン3号」の舞台を降板したり、大好きな芸能活動を中止せざるを得ない状況になってしまったのは、2016年11月8日の夜頃だったと言われています。

あまりのショックに被害に遭った当時の記憶は無く、「記憶喪失」を起こしてしまい、「引きこもり」状態だったみたいですね。

 

ずっと応援しているファンの方は、ご存知だと思いますが、椿隆之さんは、2007年頃からマメにアメブロを更新されていますので、当時の複雑な心境をそのまま書かれています。

読んでいるこっちも、辛さや苛立ち等が伝わって来て痛々しさも感じるような内容でしたが、今の姿を見ると思わず泣いてしまいました。

 

何故、今になって、あんなに辛い出来事を話す必要が有るのかな?って思うと思いますが、「見て下さっている方のヒーローであり続けたい」「僕は出来るだけ前を向いて歩きたい」と話されていますので、本当に強いなって思います。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

もちろん、芸能人だけでは無く、どんな人でも怪我とかをすると辛いと思いますが、椿隆之さんは、色々な仕事が入って来て、本当にこれから!って時に被害に遭われてしまいましたので、何でこの人がこうなるのかな・・・って、正直思ってしまいます。

今日は、椿隆之の画像と現在、顔の怪我は大丈夫なのか?犯人の名前と詳細について気になって眠れそうにありません!

 

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

画像はツイッターより

 

椿隆之の画像と現在、顔の怪我は大丈夫?犯人の名前と詳細

当時、椿隆之さんは歩行中、バイクとぶつかりそうになり注意した際に口論へと発展しますが、何故かバイクを運転していた男性の弟が、ゴルフクラブを持って現場へ向い、強く殴打して来たと言われています。

椿隆之さんはこの時の衝撃で記憶喪失になりましたが、「左頬」「上顎」の「粉砕骨折」、「鼻」の「骨折」と言う非常に痛々しい状況だったと言われています。

 

病院のベッドで目が覚めた時、顔の感覚も無かったと言われています。

現在でも、「左目の下部分」には、当時の傷が残ったままで、普通の人であれば、あまり触れて欲しくは無い傷ですが、「仮面ライダー剣」の主人公を演じた事も有り、テレビ出演を決意したと言われています。

 

粉砕骨折の場所には、プレート8枚入れて治るまで固定、現在も残る左目の下部分は何と、20針近く縫う必要が有ったと言われています。

しかも、痛み止めが殆ど効かないと言う極限の状況の中、俳優生命も終わったと諦めかけていたとも言われていますね。

 

ある意味、俳優の「命」とも言える顔に傷を負った事を話すのも勇気が必要だと思いますが、「引きこもりになる」と言う事実を公表する事って、なかなか出来ませんよね。

この件の加害者の男性は、「岡崎豪」さんと言う方で、正当防衛を主張し続け、裁判が長引いてしまったり、治療費も椿隆之さん側が請求した分の10パーセント位しか支払われなかったと言われています。

 

それに、初犯ですので、執行猶予と言う結果に終りましたが、椿隆之さんは、絶対に負けてはならない。と決意され、俳優の道へと再び進んだと言われています。

現在では、俳優や歌手活動も復帰されているみたいで、本当に良かったと思います。

 

 

画像は公式アメブロより

 

ちゅるりんは、椿隆之さんの活躍を本気で応援したいと思いました。

今回のテレビ出演迄の間は、出演は無かったと言われていますが、今後は増えて来ると思います。

 

これからも、色々な人に希望を与えてくれる存在でいて欲しいですね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ