梅田ブルク7の行き方・アクセスは?プレミアシートの違い

スポンサーリンク

梅田ブルク7は、比較的コアなファンを持つ映画を上映している場合が多く、グッズ販売とかが有る時は、結構混雑しています。

でも、上映されている映画がマイナー中心な事も関係しているのか、平日とかは半貸切みたいな状態になっている気がします。

 

「ライブビューイング」も頻繁に行われていますので、「音が良い映画館」の一つだと教えて頂きました。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

梅田ブルク7は、前後の席と高さ調節されていますので、前の席があまり気になる事が無いのが特徴と言えば特徴かも知れませんね。

何回か利用した事が有るのですが、耳に悪そうな位音量が大きい時も有りますので、シアターの当たり外れとかも有るんでしょうか?

 

今日は、梅田ブルク7の行き方・アクセスは?プレミアシートの違いについて気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

画像は公式フェイスブックより

 

梅田ブルク7の行き方・アクセスは?プレミアシートの違い

大阪府大阪市北区梅田1丁目12−6の「E-MA」の7階〜10階に有ります。

「◯◯、梅田ブルク7でやってるみたい」

「えっ?どこそれ〜?」

「前◯◯観た所〜」

「はいはい」

と言うやり取りをした事が有る方も多いと思います(笑)

 

流石、梅田と言う事も有り、色々な交通手段が有りますが、先にGoogle Mapsで確認しておいた方が良いと思います。

Google Maps貼っときますね(*´ڡ`●)

 

▲「JR大阪駅」

中央南口→地下街方面

▲「阪急梅田駅」

JR大阪駅もしくは御堂筋線梅田方面

▲「阪神梅田駅」

東改札口→JR北新地駅方面

▲「御堂筋線梅田駅」

南改札口→JR北新地駅方面

▲「谷町線東梅田駅」

三番出口方面へ

▲「四つ橋線西梅田駅」

南改札口→7−B版出口→JR大阪駅方面→地下街→谷町線東梅田駅方面

▲「JR東西線北新地駅」

JR大阪駅→地下街→谷町線東梅田駅方面

 

バスからは少し歩きます。

車で来る場合、他の有料駐車場も有りますが、「梅田DTタワー駐車場」と提携していますので、映画や買い物をされる方は、こちらを選んだ方が良いと思います。

 

梅田の地下街からディアモール経由で行く事が出来ますので、冬や夏、雨でも安心ですよ♪

でも、東京程では無いのですが、梅田の近いも大概樹海化してしますので、梅田ブルク7に行く自信が無い場合は、地上から「E-MA(イーマ)」を目指した方が良いかも知れません。

 

大阪在住の人なら問題は無いのかも知れませんが、高層ビルが沢山有る中で、E-MAがちょこんと有る感じです。

それに、地上と地下を含め、建物自体の入り口とかが少し分かりにくいとは言われ易い気がします。

 

映画の最初は予告とかですが、遅れたら結構テンション下がりますからね(。>﹏<。)

 

7〜10階まで有りますが、売店やグッズ販売は7階だけですので、時間によっては、混み具合が恐ろしい事になっています。

比較的入り口とかが狭めですので、特に、コアなファンが多いアニメや夏休み中は、凄いです(笑)

 

料金+500円位でプレミアシートも用意されていますが、夏はあまりオススメは出来ません。

レザーが確実な蒸れを約束してくれますので、地味に不快だったりしますし、「リクライニング」では有りません。

 

梅田ブルク7は、両肘掛けが標準の普通席もそこそこ快適ですが、荷物とか、隣席との距離感が苦手な場合は、プレミアシートも良いとは思います。

1人で行く時は、プレミアシートも良いとは思いますが、ペアシートもオススメです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ