浦井健治の画像と出待ちのルール違反、結婚しましたの真相

スポンサーリンク

浦井健治さんは、2月頃から日生劇場で、ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」の劇作家のデビッド役で出演されますね。

ギャングの親方ニックを「ブラザー・トム」さん、ニックの愛人役を「平野綾」さん、ニックの部下の監視役チーチ役を「城田優」さんが演じられる事でも話題になっていて、かなり話題になっていますね。

 

そりゃあ、イケメン2人がアカデミー賞7部門ノミネート映画を熱演するとなると、ファンならずとも注目してしまうと思います。

皆さんどうも!ちゅるりんです

 

浦井健治さんは、オダギリジョーさんが主役を務めた事で話題になった「仮面ライダークウガ」で、「ン・ダグバ・ゼバ」と言う敵役で俳優デビューされたと言われています。

「ン・ダグバ・ゼバって何ぞ?」と思うと思いますし、ちゅるりんも仮面ライダーは分からないジャンルですので、ちょっと、調べてみました。

 

 

画像はamazonより

 

「・・・・変身しても〜カッコ良いですな(*´ω`*)!」

実際、浦井健治さんをご存知無い方も多いと思いますが、2000年の「仮面ライダークウガ」でデビューされた後、2001年頃から舞台でずっと活躍されていますので、まさに、知る人ぞ知る演技派イケメン俳優と言う死角なしのポジションの方です。

 

今日は、浦井健治さんの画像と出待ちルール、「結婚しました」の真相について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

画像は公式サイトより

 

浦井健治さんの画像と出待ちルール、「結婚しました」の真相

舞台俳優さんは、番組収録では有りませんので、生で見る事が出来るのが魅力の一つで、心の底から浦井健治さんを応援したいファンの人は、「入り待ち」「出待ち」をする方が多いです。

それはそれで素敵な事だと思いますが、浦井健治オフィシャルサイトで禁止されている公演等も有りますので、必ず確認してからの方が良いと思います。

 

公式オフィシャルサイトはhttp://uraikenji.net/です。

特に浦井健治さんは、「ミュージカル界のプリンス」と呼ばれる程の逸材ですので、入り待ちも出待ちも凄い事になっているみたいです(笑)

 

浦井健治さんは、かなり柔軟な対応をされている事でも有名らしく、他の方では、「写真撮影禁止」をルールにしていたとしても、写真撮影を認められているみたいです。

ただ、ルールと言うかファンとしてのマナーとして、「ささやかな思い出作りの一環として」の写真撮影なら良いと言う事ですので、SNSや動画サイト等に投稿するのが目的だとしたら、ルール違反になると思います。

 

「折角来れたんだし、記念に浦井健治さんの写真を!(家宝にします)」的な写真撮影であれば大丈夫ですが、「インスタ映え」「再生数やアクセス稼ぎ」等のように、純粋なファンと言う視点で見ると逸脱している場合は、ルール違反だと思います。

「何で、こんな当たり前の事を?」と思う方の方が多いと思いますが、「黙認しているなら大丈夫♪」と勘違いしてしまい、浦井健治さんや関係者の方に迷惑行為をしてしまう方が多いと聞いたからです。

 

もし、変な人が増えれば、出待ち等が禁止になる可能性が高いですし、それは、ファンや浦井健治さんも悲しむと思います。

俳優も人間なんですから、特に写真撮影する場合は、一般人と同じように「お疲れ様でした。感動しました。疲れてるかも知れませんが、写真を撮っても良いですか?」「ありがとう御座います。これからも応援しています」位で接するのが1番間違いが無いと思います。

 

何故か、浦井健治さんが、「結婚しました」と言う情報が出回っていますが、2018年1月23日現在、ご結婚はされていませんので、ご安心下さいませ♪

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ