ゆりあんレトリィバァがR−1決勝で使用した曲に関して

スポンサーリンク

ゆりあんレトリィバァさんがR−1グランプリで出したネタよりも、雰囲気の良い音楽が気になってしまったのですが、優勝した濱田祐太郎さんの洗練されたネタも凄かったですね。

もちろん、無名だった方が優勝した事で有名になるのは毎年の事なのですが、全盲に近い状態で戦い抜いたのは歴史に残る偉業だと言っても過言は無いと思います。

 

皆さんどうも!ちゅるりんです

ゆりあんレトリィバァさんと言えば、ドラマ「嘘の戦争」で「オウム」の声を担当していた事でも有名ですよね。

 

当時、「オウムの声は誰?本物の鳴き声なの?」と話題になっていましたが、ゆりあんレトリィバァさんだったの!と言う感じでした。

また、本人は、凄く「鶏全般」が苦手らしく、悲鳴を上げながら逃げる程だったとか(笑)

 

今日は、ゆりあんレトリィバァがR−1決勝で使用した曲について気になって眠れそうにありません!

少し調べましたので、勝手気ままに解説させて頂きます!

 

 

ゆりあんレトリィバァがR−1決勝で使用した曲に関して

ちょっと、ネタの声の大きさとインパクトの強い仕草でかき消されてしまいそうですが、「David Guetta ft Justin Bieber」の「2U (The Victoria’s Secret Angels Lip Sync)」と言う曲です。

もし、購入される場合、「デヴィッド・ゲッタ フューチャリング ジャスティン・ビーバー」の「2U」でも出て来るとは思います。

 

「デヴィッド・ゲッタ」さんは、洋楽ロックが好きなちゅるりんでも知っている位有名な音楽プロデューサーの方で、フランス出身のDJです。

「ジャスティン・ビーバー」以外にも、「リアーナ」「カイリー・ミノーグ」「マドンナ」と言うそうそうたるメンバーとも共演しているみたいです。

 

あと、親日家と言うか、安室奈美恵さんの「_genic」でもコラボレーションされていますので、コラボした「What I Did For Love」で「デヴィッド・ゲッタ」さんの事を知ったと言う方も多いと思います。

 

話は、ゆりあんレトリィバァさんに戻り、英語が堪能な事でも有名なゆりあんレトリィバァさんは、過去に「替え玉」としてLCCのCA採用ネット試験を受験した事が有ると言う位のエピソードも有る位ですし、書道等の字が上手すぎて感動した事が有ります。

ピアノも堪能ですし、関西大学文学部に進学する程だと言われています。

 

高校卒業後は、そのままお笑いの世界に進む筈だったと言う位ですので、本当に凄いです。

また、関西大学卒業後に入った「吉本総合芸能学院(NSC)」では、主席で卒業。

 

こんなにも凄い経歴を持つと、家柄や遺伝子的な話ばかりに興味が行ってしまいますが、原動力は、「負けん気」と言うのが素敵過ぎますね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
<こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ